F1ドライバー、レース終盤のスタンディング再スタートを歓迎。ガスリー「みんな檻を抜け出した”ライオン”だった」

F1ドライバーたちは、第6戦アゼルバイジャンGP終盤の、スタンディングスタートでレースを再開し残り2周を戦うというレースコントロールの決定を支持しているようだ。

F1ドライバー、レース終盤のスタンディング再スタートを歓迎。ガスリー「みんな檻を抜け出した”ライオン”だった」

 バクー市街地サーキットで行なわれたF1第6戦アゼルバイジャンGPはレース終盤、トップを走っていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がタイヤトラブルに見舞われクラッシュ。コース上にデブリが散らばり、レース残り3周のところで赤旗中断となった。

 レースディレクターのマイケル・マシは、レースを再開し規定の距離を消化しきることを決定。各車はセーフティカー先導の下ピットレーンを離れると、グリッドからのスタンディングスタートで残り2周の”スプリント”バトルを展開。規定距離の51周を走りきった。後にマシは、レースを再開しない理由はなかったと述べた。

Read Also:

 このレースで3位を獲得したピエール・ガスリー(アルファタウリ)は、再スタートの決定を歓迎。F1のオーナーであるアメリカ企業リバティ・メディアも、エンターテイメント性の高い結末に満足しただろうと冗談交じりに話した。

「アメリカンがF1を引き継いだので、エンターテイメント最優先になってもあまり驚かないよ!」

 リスタートの決定について訊かれ、ガスリーはmotorsport.comにそう語った。

「いや。とても嬉しかった。それ(スタンディングでの再スタート)は興奮するし、自分の中でアドレナリンが出るんだ。たった2周だけどチャンスがあると思っていたし、みんな檻を抜け出したライオンのようなものだった」

「誰もが全力を尽くし、短時間でできるだけ多くのポジションを上げようとする。最後の2周のリプレイは見ていないけど、僕から言わせてもらえば、とても激しいバトルだったし本当に楽しめた」

「どちらかと言うと、今後も同じ様にしてくれることを願っている」

 リスタートをポールポジションで迎えたセルジオ・ペレス(レッドブル)は、危うくルイス・ハミルトン(メルセデス)に抜かれかけたものの、ハミルトンがターン1でオーバーシュート。ペレスが首位をキープし、そのまま今季初優勝を挙げた。

 ペレスも再スタートには満足しているものの、スタンディングスタートのルール適用の仕方については一貫性が必要だと語った。

「イモラ(第2戦エミリア・ロマーニャGP)ではスタンディングスタートをしなかったんだ」

「あの時は雨でコース右側が湿っていて、(スタンディングスタートをするには)少しアンフェアだった」

「今後も一貫性を保つことができれば、ファンがテレビに張り付いてくれるようになるのは間違いない」

「レースの中でも最も楽しめる2周だっただろう。間違いなく僕としては、それのせいでとても苦労したけどね」

 10番グリッドからスタートし、6位フィニッシュを果たしたフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は「2ラップのレースをたくさんやることを考える必要がある。日曜日は2周のレースを25回やるとかね!」とジョークを飛ばした。

「あれは楽しかった。みんなタイヤのことを気にしなくて良いと分かっていたから、とてもアグレッシブに走っていた」

 一方、2位となったセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は、レースのショー的な側面に集中しすぎるあまり、F1の伝統やルーツから逸脱しすぎないようにする必要があると警告した。

「今後、レースがもっとエキサイティングになることを願っている」

「いろいろなことが起こったりして、おそらくエキサイティングなレースだったと思うけど、あまりにも人工的になりすぎて、スポーツのルーツを失わないように気をつけないといけない」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル代表、チーム加入後初優勝のペレスは「予想以上の仕事をしてくれている」と絶賛

前の記事

レッドブル代表、チーム加入後初優勝のペレスは「予想以上の仕事をしてくれている」と絶賛

次の記事

ついにレッドブルでコツを掴んだ? ペレス「他のコースでパフォーマンスを発揮できない理由はない」

ついにレッドブルでコツを掴んだ? ペレス「他のコースでパフォーマンスを発揮できない理由はない」
コメントを読み込む