ベッテルは”偉大なアンバサダー”。引退後もドライバー協会の理事留任を求める声

複数のドライバーが、セバスチャン・ベッテルが引退後もグランプリドライバー協会の理事を続けることに期待しているようだ。

ベッテルは”偉大なアンバサダー”。引退後もドライバー協会の理事留任を求める声
Listen to this article

 セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)が、2022年限りでF1からの引退を発表した。4度のチャンピオンを獲得した偉大なドライバーであると同時に、GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の理事として、精力的に活動してきた人物だった。

 ベッテルは初めてタイトルを獲得した2010年からGPDAの理事となっており、現在はジョージ・ラッセル(メルセデス)、GPDAの法律顧問であるアナスタシア・ファウルと共に、会長の元F1ドライバーであるアレックス・ヴルツを支えている。

 ハンガリーGPを前に行なわれた記者会見で、エステバン・オコン(アルピーヌ)はベッテルについて「ドライバー全員にとっての素晴らしいアンバサダー」であり、「僕たち安全やドライバーに関して気に入らないことがあれば、声を上げる」人物だと語った。

 オコンは、「その点で、彼がパドックからあまり離れすぎないことを願っている」と付け加えた。

 ベッテルに代わってGPDAに参加する可能性のあるドライバーは、問題に関して同じように率直である必要があるのか、また現在のドライバーの中にそのような候補者がいるのかという質問に対して、ダニエル・リカルド(マクラーレン)やバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)は、ベッテルの役割継続の可能性について自分たちの考えを説明した。

 リカルドは「彼が(理事を)続けたいと思うかどうか、見てみるのもいいかもしれない」と語った。

「確かに、彼はいい仕事をしていた」

「セブは多くの場合、ありのままを言ってくれる人だ。攻撃的な意味じゃなくて、とても正直で率直な人なんだ」

「そして安全性に関連するようなトピックでは、回りくどい言い方をしてもしょうがない。だから、彼の性格はああいうポジションにとても適していると思う」

「どうなるか見てみよう。言うまでもなく(ベッテルの引退は)すごく新しいニュースだからね。内部で話し合って、誰が後任にふさわしいか考えることになると思う。でも、そうだね、彼は僕らにとって最高だった」

 ボッタスはベッテルについて次のように称賛した。

「彼は本当にストレートで率直で、回りくどくなく、ただありのままに物事を言い、多くのことに大きな声で疑問を投げかけるんだ」

「彼が理事を続けてくれることを願っている。彼に熱意があるかどうかは分からないけど、続けるなら最高だ」

 ベッテルは強い雨に見舞われた2021年ベルギーGP予選で、赤旗掲示を強く求め、クラッシュしたランド・ノリス(マクラーレン)の無事を確認するため、マシンを止めるなどコース上でもドライバーの安全を声高に求めたドライバーだった。

 最近では、オーストリアGPでのドライバーズブリーフィングで、ドライバーが直面する幅広い問題ではなくトラックリミットなどの問題に焦点が当てられたことに対する抗議として、ブリーフィングを途中退席。執行猶予付きの2万5000ユーロ(約346万円)の罰金を科されている。

 
Read Also:

 

シェア
コメント
F1メカ解説|ハースF1のアップグレード……ただフェラーリをコピーしたわけじゃない?
前の記事

F1メカ解説|ハースF1のアップグレード……ただフェラーリをコピーしたわけじゃない?

次の記事

アロンソの移籍は判断ミス? アルピーヌ代表「彼がいる間に、アストンマーチンに負けることはない」

アロンソの移籍は判断ミス? アルピーヌ代表「彼がいる間に、アストンマーチンに負けることはない」