F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

初開催ムジェロは予想よりもエキサイティング? ドライバーたちの期待増す

シェア
コメント
初開催ムジェロは予想よりもエキサイティング? ドライバーたちの期待増す
執筆:

F1ドライバーたちは、F1第9戦トスカーナGPが予想されているよりも退屈なレースにはならないと考えているようだ。

 F1第9戦トスカーナGPとして、ムジェロ・サーキットで初めてグランプリが開催されている。ムジェロは高速コーナーが多くコース幅も狭いため、オーバーテイクの機会は少ないのではないかと見られていた。

 しかし併催されているF3とF2のレースでは、最大のオーバーテイクポイントであるターン1で多くのバトルが見られており、F1ドライバーたちもレースに向けて期待を高めているようだ。

Read Also:

 ルノーのダニエル・リカルドは、DRSに加えてコーナーで複数のラインを取れることから、思ったよりも退屈なレースにはならないかもしれないと話した。

「これから起きることについて、少し期待が増しているんだ」

「DRSの効果はしっかりあるように思える。そしてターン12やターン15のように、ラップ終盤に高速コーナーがたくさんある。そこはとても長いコーナーで、イン側に留まったりワイドに走ったりできるように思える。複数のラインを取れるんだ」

「それは(前を走るマシンが生む)乱流から出るのに役立つ。おそらく、ラップ後半でDRS圏内まで接近することができると思う。つまり簡単に言えば、あまり興奮したくはないけれど、予想していたほど退屈ではないかもしれない。それは朗報だ」

 ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)もリカルドと同様の意見を持っている。そして、タイヤのデグラデーション(性能劣化)が大きく、2ストップ戦略を採るマシンが増えれば、より積極的に攻めるマシンが増える可能性があると語った。

「タイヤの温度や路面の温度により、劣化が激しくなるかもしれない」

「コーナーもとても長いし、好きなように複数のラインを走れる」

「ターン12や最終コーナー、そして最初のコーナーも違うラインを走れる。だから、それがレースに影響を与えることを願っている」

 2番グリッドスタートのバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、事前に予想していたものとは大きく状況が異なると話した。

「週末に入るまで、(オーバーテイクは)ほぼ不可能だと思っていたが、フリー走行で実際にはトラックがとても広く、コーナーでは様々なラインがあることが分かった」

「ターン1までは長い距離がある。レーススタートまで、(ホームストレートで)向かい風が続くことを願っている。大きなメリットになるからね」

 予選16番手に沈んだピエール・ガスリー(アルファタウリ)は、タイヤのデグラデーションがフリー走行で経験したものと同じレベルなら、レースが面白くなると述べた。

「タイヤのデグラデーションは深刻な問題となるだろう。高速コーナーがたくさんあり、タイヤに多くの負荷がかかるトラックで、路面温度が高くなれば特にね」

「それが鍵になると思う。僕たちは予選が非常に重要だと確信していたので、予想よりも多くのオーバーテイクができればと願っている」

「他のカテゴリーを見ると、リカバリーが不可能だとは思えない。だから今は、予想よりもエキサイティングなレースになると思っている」

Read Also:

メディアからの雑音は気にしない! アルボン、チームからのサポートが自信に

前の記事

メディアからの雑音は気にしない! アルボン、チームからのサポートが自信に

次の記事

予想に反した“アツい”レースに? F1第9戦トスカーナGP:決勝ライブテキスト

予想に反した“アツい”レースに? F1第9戦トスカーナGP:決勝ライブテキスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
執筆者 Jonathan Noble