アメリカGP予選、ターン19のコースオフはタイム抹消に

シェア
コメント
アメリカGP予選、ターン19のコースオフはタイム抹消に
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/20 20:45

FIAは、アメリカGPのターン19のトラックリミットを厳格に判断することを各チームに通知した。

 FIAはアメリカGPで、サーキット・オブ・ジ・アメリカズのターン19でのトラック制限を、厳格に判断されることになる。

 土曜日の朝、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングがチーム宛てに送った書簡で、予選でターン19で完全にコースオフしたマシンについては、ラップタイムを取り消すと警告した。

  さらに、レース中にランオフエリアを多用したドライバーは、スチュワードに報告される可能性があるという。

 ホワイティングは、次のように書簡に書いている。

「ドライバーがもしターン19出口の縁石を超えて走った場合、縁石の赤と白の部分に触れていなかったのならば、そのドライバーのラップタイムはスチュワードによって取り消される」

「レース中、縁石の赤と白の部分を3回越えて走ったドライバーには黒白旗が振られ、それ以上同様の行為をした場合にはスチュワードに報告される」

「いずれのマシンも赤と白のエリアを越える度に、チームは公式のメッセージングシステムを介して通知を受けることになる」

次の記事
F1アメリカFP3:最速ベッテルも決勝に不安? 中団争い大接戦!

前の記事

F1アメリカFP3:最速ベッテルも決勝に不安? 中団争い大接戦!

次の記事

F1アメリカ予選速報:ハミルトンPPも、ベッテル&ライコネン肉薄

F1アメリカ予選速報:ハミルトンPPも、ベッテル&ライコネン肉薄
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース