F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

F1ベルギーGP、オールージュ頂上のインカットを監視

シェア
コメント
F1ベルギーGP、オールージュ頂上のインカットを監視
執筆:
2019/08/30 8:43

F1第13戦ベルギーGPでは、4コーナーのラディオンでトラックリミットの違反が厳密に監視されるようだ。

 スパ・フランコルシャンで開催されるF1第13戦ベルギーGPでは、4コーナーのラディオンでトラックリミットに違反した場合、ラップタイムが抹消されることになるようだ。

 FIAは、オールージュを駆け上がった頂上にある左コーナーであるラディオンのイン側をカットするドライバーを監視するため、数年前から検知システムを導入している。

 ベルギーGPに先立ち、F1レースディレクターのマイケル・マシは、イベントノートの改訂版を発行し、該当箇所でインカットした場合、予選だけでなくフリー走行でもラップタイムが消去されると明示した。

 イベントノートには、『プラクティス・セッションまたはレース中にトラックを離れ、ターン4のエイペックスをカットすることで計測されたラップタイムは、スチュワードによって無効とされる』と記されている。

『この場所に設置された検出システムによって、コースオフが判断される。レース中に、ターン4のエイペックスの後ろを通った場合、3回目に白黒旗(警告)がドライバーに掲示され、それ以上のコーナーカットはスチュワードに報告される』

『マシンがエイペックスの後ろをカットするたびに、公式のメッセージシステムを介してそれがチームに通知される』

 FIAが、他のマシンに押し出されたことによるインカットだと判断した場合、ペナルティを避けることができるが、それはケースごとに判断されることになる。

Read Also:

次の記事
ハースF1とリッチエナジーの将来……シンガポールGPまでには決着へ

前の記事

ハースF1とリッチエナジーの将来……シンガポールGPまでには決着へ

次の記事

ルノーもスペックCの新PU投入。リカルドとヒュルケンベルグがグリッド降格に

ルノーもスペックCの新PU投入。リカルドとヒュルケンベルグがグリッド降格に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP
執筆者 Jonathan Noble