ホンダ田辺TD「低迷の原因が色々分かり、前戦と比べ改善してきた」

シェア
コメント
ホンダ田辺TD「低迷の原因が色々分かり、前戦と比べ改善してきた」
2018/05/12 8:07

ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治が、金曜の走行終了後に記者団の取材に答えた。

 F1欧州ラウンドの開幕戦スペインGP。トロロッソ・ホンダはフリー走行1回目(FP1)ではピエール・ガスリーが10番手に入ったものの、FP2ではそのガスリーが14番手に入ったのが最高だった。

 この日の走行を終え、ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、次のように語った。

「風が強かったですし、走り出しは路面が埃っぽかったですから、みんな苦労していましたし、うちも苦労しました」

 そう田辺テクニカルディレクターは語った。

「しかも(ガスリーは)フロアを壊してしまい、トラフィックにも遭ってしまったので、難しい金曜日でした」

 この日の走行では、特にセクター1で苦労したという。

「挙動に関するドライバーからのフィードバックからも、そしてデータからも、踏めない状況が出ているということはわかっています。そこを改善することができれば、コンマ2〜3秒くらいは改善できると思います」

 バーレーンGPで4位入賞を果たしたトロロッソ・ホンダ。しかし、その後の2戦では苦戦が続いた。しかしその原因解明が進んだことで、大きなアップデートがなくとも、今回まずまずの戦闘力を発揮できていると田辺は語った。

「直近の困難な2レースと比較して、我々のパッケージは改善しているようです」

「低迷の原因調査をやって、色々なことが分かってきました。それを今日試し、うまく働いてきたというところもあると思います」

 スペインGPの舞台であるカタルニア・サーキットは、オーバーテイクが難しく、予選順位が重要になる。そのため土曜日は、よりアタックラップに秀でたセッティングをパワーユニットに施す予定だと、田辺はチームのプレスリリースで語った。

「土曜日の最後のフリー走行では、より速く1周を走るために適したパワーユニットのセッティングに集中する予定です。このコースではオーバーテイクが難しいため、予選順位は非常に重要だからです」

次の F1 ニュース
スペインFP3速報:メルセデス最速で1-2。ハートレーがクラッシュ

前の記事

スペインFP3速報:メルセデス最速で1-2。ハートレーがクラッシュ

次の記事

F1開催を目指すマイアミ市長「F1はスーパーボウル10年分と同じ価値」

F1開催を目指すマイアミ市長「F1はスーパーボウル10年分と同じ価値」

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース