F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

新レギュレーション下で誕生する2021年F1マシンは今より3.5秒遅い?

シェア
コメント
新レギュレーション下で誕生する2021年F1マシンは今より3.5秒遅い?
執筆:
2019/11/01 7:35

発表された2021年レギュレーション下で出来上がるマシンは、今よりも1周あたり3.5秒ほど遅くなると予想されているが、より激しいレースを実現するために、その”代償”を支払う価値はあると、FIAのシングルシーター部門のトップは語る。

 2021年のレギュレーションが、ついにWMSC(世界モータースポーツ評議会)で承認された。当初の予定よりも、かなり遅れての決定であった。

 この新レギュレーション下で生み出されるF1マシンは、コース上での接近戦を実現するため、グラウンドエフェクトカーとなっており、ダウンフォースが減少することになるはずだ。そしてマシンの車体重量も増加することになる。

 アメリカGPを前に会見に臨んだFIAのシングルシーター部門トップのニコラス・トンバジスは、結果としてラップタイムに顕著な影響が及ぶと予想されているものの、将来のF1において個々のマシンのパフォーマンスは重要な問題ではないと主張する。

「我々は、マシンは1周あたり3〜3.5秒遅くなると予想している」

 そうトンバジスは語った。

「しかしそれが、ショーの重要な要素になるとは考えていない」

「我々はパフォーマンスのレベルについて注視してはいない。ダウンフォースのレベルが、現在のマシンと比較して最終的にどのくらいになるのか、正確に予測することはできない。開発が行われた後には、それが少し小さくなるだろう」

「しかし、CFDや風洞で開発されたマシンは、すでにかなりの性能を発揮している。このモデルは、通常のチームと比較すれば、少ない空力技術者、そして少ない風洞稼働時間で開発されたものだ」

 F1のモータースポーツ・マネージング・ディレクターのロス・ブラウンは、現在コース上でのバトルが減ってしまった背景には、2017年に史上最速のマシンを作ることを目指したことにミスがあったと信じている。

 ブラウン曰く、2016年のF1マシンと同程度のパフォーマンスレベルに落ち着くことは、レースの改善が実現できれば、後退には当たらないと語る。

「2016年から2017年にかけ、マシンのダウンフォースは大幅に増加した。それは私の理解できない理由によって行われた……だからその経験を振り返る価値はある」

 そうブラウンは説明する。

「ダウンフォースの大幅な増加は、『マシンをもっと速くしよう。F1をもっと良くしよう』という理由によって行われた。しかし我々が実際にやったことは、もっと悪くするということだった。マシン同士がレース(バトル)をしにくくなってしまったからね」

「現在のマシンは非常に速いが、レースには適していない。現実的には、新たに生み出されるマシンの性能は、2016年のレベルに近いものだ。マシンが遅いと不満を言う人はいないと思う」

 2021年のレギュレーションは、世界モータースポーツ評議会(WMSC)で満場一致で承認された後、木曜日にFIAによって公開された。

 この新レギュレーション下で作られるF1マシンのイメージ図も同日に公開。これによれば、乱流を発生しにくいシンプルなフロントウイングを備え、グラウンドエフェクト効果を生み出すためにサイドポンツーンの下には長いディフューザーが備えられている。

 今季複雑化しているバージボードは、装着が禁止されている。サスペンションも簡素化され、油圧式のサスペンションは禁止。タイヤウォーマーについては2021年と2022年には引き続き使えることになった。

 コストを削減するために18インチのホイールと安全機能、そしてより重いパワーユニットを採用することで、車体の最低重量は743kgから768kgに増加している。またギヤボックスのルールも変更され、5年間で1回のみ、トランスミッションの再設計が認められることになる。

 パワーユニットのレギュレーションは、コストを削減するために重量増加や使用できる素材の制限が課せられた以外には、現状とほとんど変わらない。エナジーストレージ(回生エネルギー用のバッテリー)やターボチャージャーのワンメイク化も見送られた。

Read Also:

次の記事
リスペクトがない! フェルスタッペン、ハミルトンとベッテルの揶揄に不快感

前の記事

リスペクトがない! フェルスタッペン、ハミルトンとベッテルの揶揄に不快感

次の記事

2021年からFP1で年2回のルーキードライバー起用が義務に

2021年からFP1で年2回のルーキードライバー起用が義務に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble