【F1】F1のために奮起するシルバーストン。F1関係者共に政府と会談

シルバーストンのオーナーであるBRDCは、リバティやエクレストンと共に英国政府と話し合い、レース開催のための援助を求めている。

  シルバーストン・サーキットのオーナーである英国レーシングドライバーズクラブ(BRDC)は、クリスマス前にクラブのメンバーに、レースの開催を続けることで生じる財政上のリスクを考慮し、クラブは真剣に、F1の開催契約の早期解除を検討しているという旨の手紙を送った。

 シルバーストンが持つF1開催契約の期限は2026年までである。しかしこの契約の中には、開催を早期終了させる契約解除条項が存在している。この解除条項の発動期限は、今年7月にシルバーストンで行われるイギリスGPの開催前までとなっている。

 BRDCのデレック・ワーウィック会長は昨年9月、F1の開催はクラブにとって高価になりすぎてしまったと述べており、2020年以降のF1開催契約を解除することを検討しているという。

 F1カレンダーの中のいくつかのレースは、レース開催のために公的資金の支援を受けているが、シルバーストンの場合はそうでない。

 ドライバークラブ(BRDC)の会長であるデレック・ワーウィックは、シルバーストンでのレースが開催されなくなる可能性に不安を抱き、F1のオーナーであるリバティ・メディアとF1のCEOであるバーニー・エクレストンとともにイギリス政府との会談を現在進行させている。

 オートスポーツ・インターナショナルでワーウィックは次のように語った。

「シルバーストンに関する最新情報をメンバーに伝えるため、クリスマス前に手紙を送信した」

「その概要は今年の7月を前にF1開催契約を解除をする可能性が出てきたというものだ」

「しかし、心配しないでいただきたい。我々が2019年までレースを開催することは間違いのないことだ」

「我々はイギリスGPを失ってはいけない。そしてシルバーストンなしではいけないという気持ちに私は駆られている。今、いくつかの対策案を考案するためバーニーやリバティと共に会談を行っている」

「リバティとチェイス・キャリー(F1の会長)との会合によって、彼らは我々のジレンマを理解してくれている」

「一方の彼らはF1でさらに収益を上げたいと考えていると、我々は理解している」

「今は暗いトンネルの中にあるが、その先に光が見えてきたところだ。2019年以降もグランプリは継続できているだろう」

「現在、我々は政府と話し合い、F1開催への支援を受けられるかどうか探っている」

「バーニーからも連絡があり、今後、会議でそのことについて話し合う予定だ」

 ワーウィックは、シルバーストンが今回の会談によってレース開催を続行できたとしても、今後もさらなる投資が必要になると語った。

「現状、我々はとてもポジティブに物事を考えている」

「ワールド・ラリークロス、motoGP、WEC(世界耐久選手権)、ブリティッシュ・スーパーバイクなど、シルバーストンには様々なレースが開催されている」

「もちろん、我々の財政は少し苦しい。しかし、サーキットを再生したいを考えており、その策を探している」

「個人的に言えば、ジャガーランドローバーとシルバーストンは相性が良いと思っていた矢先に、ジャガーランドローバーとの契約が頓挫してしまったことが酷く悔やまれる。しかし、もう終わった話なのだから、我々は前に進んでいかなくてはならない」

【関連ニュース】

【MotoGP】BRDC会長「シルバーストンは2輪のサーキットだ」

シルバーストン、2019年限りでF1開催契約の解除を検討か?

シルバーストン「契約を解除してもそれが”終わり”ではない」

リバティ・メディア、将来的な予算制限の導入を検討

ポール・リカール、2018年からのフランスGP開催を発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース