【F1】F1、中国との関係性強化のためマーケティング会社と提携

シェア
コメント
【F1】F1、中国との関係性強化のためマーケティング会社と提携
2017/07/05 11:24

F1は、中国との関係性を強化していくため、ラガルデール・スポーツ・アンド・エンターテイメントと戦略パートナーシップ契約を提携した。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08, takes the chequered flag
A gloomy skyline behind a grandstand full of fans
Felipe Massa, Williams FW40
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13, leads Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
The drivers line up for the start and wait for the lights to go out
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08
Antonio Giovinazzi, Sauber C36, runs wide

 F1は、中国との関係性を強化していくため、マーケティング会社のラガルデール・スポーツ・アンド・エンターテイメントと戦略パートナーシップ契約を提携した。

 今回の提携の目的は、近年の中国におけるF1への関心の高まりを活用し、さらに観客との親和性を深めていくために、中国GP開催時のエンターテイメント性を向上させるサポートを受けるためである。

 1992年に設立されたラガルデール社は、アジアサッカー連盟関連のイベントを中国国内で促進していく上で重要な役割を担ったという前例がある。

 F1のコマーシャルディレクターであるショーン・ブラッチスは、アジア市場がスポーツ拡大のための鍵である考えており、ラガルデール社と提携したのもそのためであると明らかにした。

 ブラッチスは次のように声明を行なっている。

「F1が、アジア圏のモータースポーツと強い結びつきがあることに我々はとても満足している」

「うまくいけば、我々はこれまでにないような面白い体験を創造し、ファンとの繋がりを深め、F1ブランドをさらに衝撃的なものにしていけるだろう」

「今回、中国市場において豊富な経験を持っているラガルデール・スポーツと提携したことで、全株主のための長期的な利益を確保できたことに対し、大変嬉しく思っている」

 ラガルデール社のCEOであるアンドリュー・ジョージウーは次のように述べている。

「F1との提携により、我々は地元の人々や中国のF1ファンに寄り添ったより良いショーを創造する手助けができるだろう。そして最終的には、世界的に有名なスポーツを中国のスポーツ文化に根付かせられることだろう」

 ”商業権保有者との契約の確認を要する”という条件付きでシンガポールGPと中国GPは、来季の公式F1カレンダーに含まれており、F1のオーナーであるリバティ・メディアもこのイベントが開催されることを確信していると宣言している。

 F1会長であるチェイス・キャリーは、先月行われたFIAスポーツカンファレンスにて次のように語った。

「我々の望みと目標は、中国でのレースの開催だ。現在、新しい契約締結の交渉中である」

「我々は良い議論を行えているし、我々の望みはレースの開催だ。まだ確かな合意はないが、交渉の余地が残されている」

Frankie Mao

【関連ニュース】

F1シンガポールGP開催は来季まで? エクレストンがその可能性を示唆

中国系チームがF1参戦を狙う? 他にも数団体が興味とFIAが示唆

 中国GP初日はほとんど走れず……”不測の事態”への対策の必要性

上海政府「スポーツ発展計画」でF1中国GPの重要性を示唆

分析:なぜF1グランプリは中国に定着したのか?

次の F1 ニュース
【F1】2回目のF1テストに挑むクビサ「復帰のチャンスは大いにある」

前の記事

【F1】2回目のF1テストに挑むクビサ「復帰のチャンスは大いにある」

次の記事

【F1】次期F1エンジン会議に、アストンマーチン&コスワースが参加

【F1】次期F1エンジン会議に、アストンマーチン&コスワースが参加
Load comments

この記事について

シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース