F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days

【F1】F2で圧倒的強さ。ルクレール、フェラーリF1テストへ

F2で圧倒的な強さを誇っているシャルル・ルクレールが、ハンガロリンクで行われるインシーズンテストで、フェラーリをドライブすることになりそうだ。

【F1】F2で圧倒的強さ。ルクレール、フェラーリF1テストへ
Charles Leclerc, Prema Racingm Nicolas Todt, Driver Manager
Charles Leclerc, PREMA Powerteam
Podium: race winner Charles Leclerc, PREMA Powerteam, third place Oliver Rowland, DAMS
Charles Leclerc, PREMA Powerteam

 フェラーリは、今季のFIA F2で圧倒的な強さを見せているシャルル・ルクレールを、ハンガリーGP後に行われるF1インシーズンテストに起用するようだ。

 昨年のGP3王者であるルクレールは、今季からFIA F2にステップアップ。参戦初年度にもかかわらず圧倒的な強さを見せ、ここまでに5勝。67ポイントの大差をつけ、選手権のトップをひた走っている。

 フェラーリ・ヤングドライバー・アカデミーの一員であるルクレールは、その活躍により来季のF1昇格が噂されている筆頭候補とも言える。そのルクレールは、ハンガリーGP後に行われるF1インシーズンテストで、2017年型のF1マシンを初めてドライブすることになりそうだ。ある情報源によれば、2日間予定されているテストのうち、1日の走行を担当することになるという。

 フェラーリは現在、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのふたりを起用している。しかしいずれのドライバーも、まだ来季以降の契約を更新しておらず、フェラーリとしてはルクレールのスピードと技術的なフィードバックの評価をし、今後の道筋について判断しようとしている。

 ルクレールは昨年、フィオラノで2014年型のフェラーリをドライブ。また、ハースのF1マシンを、4レースにわたってFP1で走らせるという、”豊富”なF1ドライブ経験も持っている。

Additional reporting by Roberto Chinchero

【関連ニュース】

レッドブル代表、ベッテルとシューマッハーの”近似値”を語る

ライコネン「僕ができるのは、僕の”ベスト”だけだ」

フェラーリ会長「”ライコネンの件”は即座に話し合うべき」

フェラーリ会長、アロンソの復帰には『興味なし』と宣告済

F2シルバーストン・レース1:ルクレールが5勝目! 松下は10位入賞

シェア
コメント
【F1】ピレリ、イギリスGPのトラブル原因を”徹底調査”

前の記事

【F1】ピレリ、イギリスGPのトラブル原因を”徹底調査”

次の記事

【F1】メルセデス、イギリスGP”制圧”にも油断せず「慢心はしたくない」

【F1】メルセデス、イギリスGP”制圧”にも油断せず「慢心はしたくない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ
執筆者 Jonathan Noble