F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

ホンダ育成ドライバー、来季さらにもうひとりFIA F3に挑戦へ?

シェア
コメント
ホンダ育成ドライバー、来季さらにもうひとりFIA F3に挑戦へ?
執筆:
2018/12/11 3:13

ホンダは、来季のFIA F2に松下信治を、FIA F3に角田裕毅を走らせることをすでに発表している。しかしさらにもうひとりのドライバーを、FIA F3に参戦させることが検討されているという。

 ホンダはフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の一環として、来季はFIA F2に松下信治(カーリン)を、新生FIA F3に角田裕毅(イェンツァー)を走らせることをすでに発表している。

 今季のFIA F2では、牧野任祐と福住仁嶺を走らせたホンダ。現状発表されている来季のF2にひとり、F3にひとりという体制は、今年に比べて若干のスケールダウンにも感じる。しかしホンダは、さらにもうひとりのドライバーを、来季欧州に送り込むことを検討しているようだ。

 12月9日(日)にツインリンクもてぎで行われたHonda Racing THNAKS DAYの会場で、「欧州のF2やF3に挑むドライバーは、すでに発表されたふたりだけなのか?」と尋ねたところ、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、次のようにmotorsport.comに語った。

「(これで決定かどうかは)まだ微妙ですね。まだ12月ですし……ひとつ調整しています。まだ決めてはいないですけど。カテゴリーはF3です」

「来年はF3が面白いと思っています。初年度ですしね。今年のF2が混乱したように、うまく回っていかないかもしれないという不安もありますが、逆にうまく噛み合うチームとうまくやれれば、アドバンスになる。攻めるという考え方をすれば、F3はもしかしたら……と思っています。それは今、考えているところです」

「まだ全然、サインもしていませんが、やってみてもいいんじゃないかと思っています」

 そのドライバーが誰であるのか、山本部長は明言を避けた。

 なお角田は、今年の秋に渡欧し、レッドブルの育成ドライバーらと共に、ハンガロリンクで行われたF3のセレクションテストに挑んだ。その結果が高い評価を受けたことで、レッドブル及びHFDPの共同戦略の一環として、FIA F3に挑むことになった。しかし、ホンダが現在検討しているというもうひとりのドライバーは、セレクションテストを受けていない人物だという。

 将来のF1ドライブを目指す若い才能が、来季もうひとり、世界に向けて羽ばたくことになるかもしれない。

次の記事
ピレリ、”早くも”2019年序盤4戦の持ち込みタイヤを発表

前の記事

ピレリ、”早くも”2019年序盤4戦の持ち込みタイヤを発表

次の記事

リカルド、レッドブルでの5年を振り返る「2015年が一番重要だった」

リカルド、レッドブルでの5年を振り返る「2015年が一番重要だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2 , FIA F3
執筆者 田中 健一