【F1】FIAメディカルチーム、ウェーレインの開幕戦出場を許可

ウェーレインは、木曜日にFIAから正式に開幕戦オーストラリアGPの出場許可を得た。

 レース・オブ・チャンピオンズに出場した際に負った怪我の影響で、バルセロナ合同テストには2回目から参加したザウバーのパスカル・ウェーレインは、FIAのメディカルチームから開幕戦の出場許可を得た。

 今年1月にアメリカのマイアミで行われたレース・オブ・チャンピオンズに出場したザウバーのパスカル・ウェーレインは、競技中に大クラッシュし、その影響で1回目のバルセロナ合同テストを欠席した。

 2回目のテストに参加し、今年のマシンC36をドライブしたウェーレインは、木曜日にFIAのメディカルチームから開幕戦の出場許可を得たと話した。

 開幕戦に向けて何か不安があるかと尋ねられたウェーレインは、「間違いなく何もない」とmotorsport.comに話した。

「この冬はたくさんトレーニングしてきた。トレーニングしたくてもできない期間が何週間かあったけど、ここ数週間はまたトレーニングができている」

「怪我をする前にやっていたことが役に立った」

開幕戦はポイント獲得を目指す

 合同テストでは、ザウバーのマシンはトップタイムをマークしたフェラーリのキミ・ライコネンから3秒も遅く、また順位も最下位だった。

 ザウバーは、テストでの走行距離もメルセデス、フェラーリ、ウイリアムズについで4番目に長く、最も信頼性のあるチームのひとつだと言えよう。しかし今年は1年落ちのフェラーリ製パワーユニットを使用するため、今週末の開幕戦でポイントを争うことは厳しいだろうとザウバーの両ドライバーは考えている。

「それ(信頼性)が救いだ」とウェーレインは話した。

「完走できないチームも多くあるし、開幕戦というのは未知のものだ」

「バルセロナでは、信頼性の問題を抱えていたチームも見てきた。信頼性があることは僕たちの救いになる」

 またチームメイトのマーカス・エリクソンは、合同テストは”普段よりも厳しかった”と明かした、チームは”中団グループの後ろ”にいると認めた。

「ポイントを獲得することを目標にしているし、それが可能だと思っている」

「土曜日の時点で僕たちがどれほど競争力があろうとなかろうと、日曜日にポイントを獲得するチャンスは十分にある。テストでは問題を抱えていたチームがいくつかあったし、その点僕たちはアドバンテージを得ている」

【関連ニュース】

【F1】ウェーレイン「メルセデスに行けなかったのは経験不足のせい」

【ROC】大クラッシュのウェーレイン「マッサのマシンを見すぎた」

【F1】シャルル・ルクレール、ザウバーのリザーブドライバーに就任

【F1テスト分析】ホンダの総走行距離1978km。メルセデスは12479km

【2017年F1ニューマシン技術解説】ザウバーC36

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー パスカル ウェーレイン
チーム ザウバー
記事タイプ 速報ニュース