F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days

【F1】FIA、スペインGPのDRSゾーンの拡大を決定

FIAは、スペインGPでメインストレートのDRSゾーンを100m拡大することを決定した。

【F1】FIA、スペインGPのDRSゾーンの拡大を決定

 今年はレギュレーション変更によってマシンの幅が広がり、スピードは上がったものの、結果としてオーバーテイクの回数が減ってしまった。ドライバーは、前を走るマシンに近づくことにも苦戦し、まだブレーキングゾーンが短くなったことも、オーバーテイクを減らす要因となった。

 オーストラリアGPと中国GPを分析したところ、今年はDRSゾーンを拡大する必要はないと考えられていた。しかし前回のロシアGPでは、オーバーテイクの回数が極端に少なかったことから、FIAは昨夜、スペインGPでメインストレートのDRSゾーンを100メートル延長することを決めた。

 本来の計画では、最終コーナーから157m過ぎた地点にアクティベーションポイントを設置する予定だった。しかし土曜日の朝、最終コーナーから57m過ぎた所よりDRSゾーンとなることがチームに通達された。

 DRSゾーンの拡大は、1コーナーでのオーバーテイクの機会を増やす手助けになる可能性がある。しかし、ドライバー全員がこの状況を打破するためにDRSを使うことに賛成しているわけではないという。

 現在ドライバーズランキング首位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、こう話した。

「僕はDRSゾーンを拡大することに賛成できない」

「数年前にDRSを導入した時、(オーバーテイクが)あまりにも簡単になった。前を走るマシンに近づいたら簡単に追い抜くことができるから、そういう場合はいいけど、これはオーバーテイクのアイデアではない」

「伝統的にここの最終コーナーでは、ストレートラインに向けて前のマシンに近づくことが難しい」

「個人的にはもちろん、前のマシンに近づいて、そのマシンを追い抜くために何かしたいと思う。でもオーバーテイクはチャレンジだし、サイド・バイ・サイドになれるような道具を使って前のマシンに追いついたり、追い抜く必要はない。オーバーテイクのためには違うラインを走ったり、違うことをするべきだ」

【関連ニュース】

【F1】FIA、年内のDRSゾーン拡大はなしと発表も、可能性は排除せず

【F1】スペインGP FP3:ライコネン首位。アロンソ復活の10番手

【F1】ボッタス「予選のアドバンテージだけに”頼る”ことはできない」

【F1】マッサ「勝ち続けなければ、ボッタスはNo.2になってしまう」

【F1】サインツJr.、"80g"の超軽量シューズで母国レースに出場

シェア
コメント
【F1】ボッタス「予選のアドバンテージだけに”頼る”ことはできない」

前の記事

【F1】ボッタス「予選のアドバンテージだけに”頼る”ことはできない」

次の記事

【F1】スペインGP FP3:ライコネン首位。アロンソ復活の10番手

【F1】スペインGP FP3:ライコネン首位。アロンソ復活の10番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
執筆者 Jonathan Noble