【F1】FIA、セーフティカーの"無人自動運転化"案を提唱

FIAは、グランプリの週末中に"F1ドライバー以外"の要素で自動運転の技術を促進させるという案を提唱している。

 FIAは、ドライバーという要素がF1の魅力を語る上で重要であると定義する一方、グランプリの週末中に他の要素で自動運転の技術を促進させるという案を提唱している。

 今回Motorsport.comは、FIA技術代表マルチン・ブコウスキーに対し独占インタビューを行った。彼はF1で無人自動運転車の技術を披露することはF1のエンターテイメント性を損なうことなく、自動車の進歩を証明する良いアイデアであることを示唆している。

 無人自動運転車がF1に与える影響についてブコウスキーに尋ねると彼は次のように語った。

「例を取り上げようと思うが、それだけではなく、無人自動運転について語ろう」

「これは、実際に無人指導運転がどのように機能するのかを見せることで、少々懐疑的に考えられている技術を周知させるというものだ」

「例えばセーフティカーのドライバーは自動運転に置き換えることができるため、もはや必要不可欠な要素ではなくなるだろう。しかし我々はドライバーのいないF1が味気ないということを認識していなければならない。そういったF1に魅力を感じるのはエンジニアだけであって、ファンではないからだ」

ロボレースのアイデア

 ブコウスキーは、”ドライバーのいないF1”がファンにとって受け入れられないものであるという考えを示しており、ロボレースのような他のシリーズが、自動運転の開発を促進させる役割を担っていると考えている。

「自動運転を促進させるロボレースは、私にとってとても興味深い分野だ。しかしドライバーのいないF1が、世界中の何百万人というファンを魅了することができるだろうか? 率直に言ってそれは疑わしい」

「しかしながら、モータースポーツのプラットフォームを利用して、無人自動運転やロボレースのような新しい技術を見せて広めることは、F1の新しいソリューションを探るのにうってつけだろう」

オリジナルの計画

 ブコウスキーのF1の自動運転に関する見解は、マクラーレンやフェラーリ、さらにFIAで務めた経験則によるものであり、将来の技術に合わせてスポーツの適応性を促進させる計画を策定するのに役立つという。

「すでにFIAは自動運転に関連するためのプロジェクトを立ち上げていた。彼らはこれらの新しい技術をどのような立ち位置で取り入れていくべきなのか理解したかったのだ」とブコウスキーは語った。

「元々の魂胆は、自動車業界における自動運転によって何が変化するのか、それが及ぼす影響がどれほどのものなのかを理解するというものだった」

「それにはビジネスモデルの定義をするという意義があり、いうまでもなくモータースポーツで新しいテクノロジーを使用してそれらを促進するためだった。なぜならその解決策が世界のクルマと自動運転の安全性の基準を完全に変えるからだ」

「自動運転と安全性には強い結びつきがある。FIAと会長のジャン・トッドが”自動運転の安全対策キャンペーン”に勤しんでいることを我々は理解している」

Addtional reporting by Franco Nugnes

 【関連ニュース】

F1公式ゲーム『F1 2017』でeスポーツの”世界選手権”開催を発表

F1分析:リバティ就任から半年。F1のファン層は広がったのか?

F1とVR技術の未来図。自由にレースと"繋がれる"日はくるか?

”無人”の自律運転レース用マシン『ロボカー』正式発表

未来的な次世代マシン目指すFE。”伝統のF1デザイン”必要なし?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース