F1
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
17 7月
-
19 7月
イベントは終了しました
31 7月
-
02 8月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
2 days
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
9 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
23 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
30 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
37 days
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
51 days
R
アイフェルGP
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
65 days
R
ポルトガルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
79 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
87 days

【F1】FIA、"ハミルトンのブレーキテスト"を調査し、問題なしと判断

シェア
コメント
【F1】FIA、"ハミルトンのブレーキテスト"を調査し、問題なしと判断
執筆:
2017/06/26 3:21

FIAはハミルトンとベッテルのインシデントに対し見解を明らかにし、ハミルトンがブレーキテストを行った証拠は検出されなかったとした。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08 leads Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
The safety car lines-up in the pit lane ahead of Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08 leads Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08, Sebastian Vettel, Ferrari SF70H, Lance Stroll, Williams FW40, Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB13, Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17, Felipe Massa, Williams FW40 and Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-17 at a restart
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08, Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08, Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08

 F1アゼルバイジャンGPは、3度のセーフティカーが出動する大荒れのレースとなった。そのうち、2度目のセーフティカーが解除されようというところで、首位を走行していたメルセデスのルイス・ハミルトンに2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が追突する事件が発生した。

 追突したベッテルは、ハミルトンがターン15でブレーキテストを行ったのが原因でインシデント発生したと主張していたが、レース中にFIAによって行われた調査によると、ハミルトンがブレーキテストを行った証拠は検出されなかったという。

 さらにFIAは、最初のセーフティカーと3度目のセーフティカー間にどのような行動をとっていたのかを分析した結果、ハミルトンはレーシングスピードに復帰する準備を行う際、常に同じ行動をとっていたことが証明されたという。

 またハミルトンは、次のターン16、そしてセーフティカーラインまでにセーフティカーを抜かないことを確実にするために、減速しセーフティカーとの距離を確保する必要があった。

 しかしベッテルは、依然としてハミルトンがふさわしくない行動をとり、ブレーキテストを行ったと強く主張している。

「リーダーがペースを決めることは理解しているけど、あの時はコーナー出口を抜けていたんだ」

「彼は加速して、そしてブレーキをかけた。僕もそれを見て同じくらいのタイミングでブレーキしたんだ。でも僕がブレーキした時には間に合わなくて、彼に追突してしまった。あんな動きは必要なかったと思う」

 追突したベッテルはハミルトンの行動に憤慨し、すぐに横に並んでハミルトンのマシンめがけて体当たりをして怒りを露わにしたように見えた。この行動は危険なドライブであると判定を受け、FIAは10秒のストップ&ゴーペナルティをベッテルに科した。

 ベッテルとFIA間のこのインシデントに対する見解は対照的であるものの、FIAは映像分析でベッテルがハミルトンにアタックをしたと判定した。

 この判定に対し、スチュワードは次のように説明している。

「スチュワードは、5号車(ベッテル)が44号車(ハミルトン)の横に並び、その後ステアリングを切ったというビデオによる証拠を調査した。その結果、スチュワードはこのドライビングが危険に繋がる可能性を持つ行為だと判断した」

 その出来事に対し、ベッテルは次のように説明している。

「僕は横に並んで、少し接触した。でも横に並んだのも手を上げてジェスチャーをするためだった。僕は指を立てたり(侮辱的な行為をしたり)はしていないし、ただ伝えたかったんだ。あの行為は正しいことではなかったし、その上文字通り、その時彼と話をする手段はなかったから」

レース出場停止

 またベッテルには、今回のハミルトンの件でペナルティポイントを”3”付与された。これにより、過去12ヵ月間のベッテルのペナルティポイントは、合計9ポイントになった。この結果、ベッテルはあと3ポイントを”加点”されてしまえば、レース出場停止処分が言い渡されることになる。

 しかし、そのうちの2ポイントは、去年のイギリスGPでフェリペ・マッサをコースから追い出してしまったことで科されたものであり、次戦オーストリアGPで何事もなければ無効化される。なおそれが無効化されるのは、オーストリアGP明けの月曜日であるため、ベッテルはレッドブルリングでもペナルティポイントを科されないよう注意を払う必要がある。

 ベッテルのペナルティポイントの詳細は以下の通りである。

・2016年イギリスGP-フェリペ・マッサとのインシデント(2ポイント)

・2016年マレーシアGP-ニコ・ロズベルグと第1コーナーでインシデント(2ポイント)

・2016年メキシコGP-ブレーキング中の進路変更(2ポイント)

・2017年アゼルバイジャンGP-ルイス・ハミルトンに対し行った危険なドライビング(3ポイント)

【関連ニュース】

バクー決勝詳報:リカルド逆転優勝。ベッテル&ハミルトン表彰台逃す

ハミルトン、ベッテルを非難「彼は自分で自分の名を汚した王者」

ベッテル「ハミルトンにもペナルティを科すべきだ!」と主張

初表彰台のストロール「批判はただの"雑音"。気にしたことない」

今季初入賞のアロンソ「今日は僕らが勝てたはずのレースだった」

【F1】ペレス、接触についてチームメイトのオコンを”非難”

前の記事

【F1】ペレス、接触についてチームメイトのオコンを”非難”

次の記事

【F1】ホンダ長谷川氏「次戦にはスペック3を両方のマシンに投入する」

【F1】ホンダ長谷川氏「次戦にはスペック3を両方のマシンに投入する」
コメントを読み込む