ハース「フォースインディアを救い、新チームのことはその後考えるべき」

シェア
コメント
ハース「フォースインディアを救い、新チームのことはその後考えるべき」
2018/07/30 8:46

現在参戦中のF1チームの中で最も”若い”チームであるハースのギュンター・シュタイナー代表は、まずは現在参戦中のチームを安定させ、その後新規参入チームを探すべきだと主張する。

 破産申請を行い、管財人の管理下に入ったフォースインディア。ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、「まずはフォースインディアを救わなければならない」と語った。

 フォースインディアの現状について尋ねられたシュタイナーは、次のようにコメントした。

「彼らが新しい買い手を見つけることを願っている」

 そうシュタイナーは語る。

「彼らはF1を戦うのに相応しいチームだと思う。彼らが誰か(新しいオーナー)を見つけること、そしてそれが相応しい人物であることを願っている。そしてチームに関わる全ての人々が仕事を続け、そして将来に向けて10チームが存在し続けること、それが唯一必要なことだ」

「10チームが存在し続けることは、F1にとって重要だと思う。18台でレースをすることもできるが、10チームの方がバランスのとれた数字だと思う。20台の方が良いと思うのだ」

「私はむしろ、ここに相応しくない誰かがいるよりも、強い20台のマシンがいた方が良いと思う。そのためには、今の10チームを見守るべきだ」

 F1は2021年に新たなチーム参入を促すためにも、レギュレーション変更を行おうとしている。参戦コストを下げ、より安定してチームを運営できるようにしようというのだ。しかしシュタイナーは、まずは現在参戦中のチームの安定化を図るべきだと語る。

「誰もが、11チームや12チーム必要だと言う。しかし、ここには生き残るために苦労している10チームがある。それなのに、なぜ11番目のチームのことを心配する必要があるのだろうか? F1に10チームを残すことについて、心配してはいけないのだろうか?」

「現実的になってみよう。『もっと増やしたい』といつも言うわけにはいかない。まずは10チームが存続し続けるようにしなければいけない。10チームがしっかりしている時にだけ、11番目のチームを探すことができる」

「残念ながら、私には未来を見ることができない。しかしまず第一に、フォースインディアを救わなければいけない。それをやってから、他のチームを見つけるべきだ。そして2020年の終わりに、参戦中のすべてのチームが安定していた後で、ようやくそれを見ることができる」

「私は、参戦チーム数を増やすことに反対しているわけではない。しかし、まず最初に現在の10チームが確実である必要がある。そうでなければ、11チームにする意味はない。1年後に11チームのうちの2チームが去り、再び9チームになってしまうことになるのだから」

Additional reporting by Ben Anderson

次の F1 ニュース
ウルフ、”サポート役”発言を弁明「選手権での話をしているのではない」

前の記事

ウルフ、”サポート役”発言を弁明「選手権での話をしているのではない」

次の記事

メルセデス「”十分な資金を持つ”フォースインディア買い手候補は大勢いる」

メルセデス「”十分な資金を持つ”フォースインディア買い手候補は大勢いる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム フォースインディア , ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース