【F1】FP2で12番手のバトン「ハードブレーキする自信を得られた」

ジェンソン・バトンはモナコGPで久々にF1レースに復帰し、モナコ1日目午後のセッションで更なるパフォーマンスを引き出す手がかりを見つけたという。

 2016年末でマクラーレンのレギュラードライバーとしての役割から降りていたジェンソン・バトンは、インディ500に参戦するフェルナンド・アロンソの代役として、モナコGPにスポット参戦することとなった。

 事前にマシンに乗る機会があったのにもかかわらず、シミュレーターのみで準備を行なったバトンは、モナコGPのフリー走行で初めて2017年仕様のマシンをドライブした。

 久々のドライブは”とても自然にスタートすることができた”とバトンは語った。また彼は、モナコGPの午後のセッションで更なるパフォーマンスを引き出す手がかりを見つけたという。

「FP1の時点ですぐに感触をつかみ始めたけど、FP2ではグリップ力が増したので少しトリッキーな感じがした。これまでの7年間で経験してきたものとは全く違っている」

「僕はコーナーでブレーキングするんだけど、なんだかバリアにそのまま衝突してしまうような感覚がするんだ。はじめは変な感じがしたけど、その感覚を理解始めたのは間違いないよ」

「ハイスピードはとても楽しいね。序盤から”プール”を全開にできた」

「本当に素晴らしいのはターン3(マセネー)で、これはかなり面白い。ブレーキングにおいてまだやるべき作業が残っているけど、ハードブレーキする自信を得られた」

「ビギナーと同じことをしていたよ。早めにブレーキをかけ、早めにコーナーを立ち上がり、早めに加速して、アンダーステアにならないように心がけるんだ。そこから学ぶことは多いし、データを分析して土曜日の午前中でさらに整頓できれば良いね」

"楽しい思い出にしたい"

 バトンはFP1で14番手、その午後には12番手となり、チームメイトであるストフェル・バンドーンの0.035秒差につけた。

 2017年内でバトンが走行したのは、1月にあったラリークロス車のテストとレース・オブ・チャンピオンズのみだ。

「ターン5(ミラボー)を走行していた時、僕は忍笑いをしてしまったよ。(昨年の最終戦から)7カ月後にF1マシンをドライブしていて、しかもそれがモナコだっていうことにね」

 そうバトンは言った。

「素敵な経験だよ。本当に」

「今週末何が起きようとも、たいていのことなら月曜日には忘れられるはずさ。重要なのは今週末楽しむということ。楽しい時を過ごして、僕自身のために思い出作りをするよ」

【関連ニュース】

【F1】ベッテル、メルセデスの木曜のペースは「奇妙だ」と警戒

【F1】”耐える”バンドーン、好転に自信「もうすぐ流れが変わるはず」

【F1】バトン「バーレーンでテストしても、”役に立たなかった”はず」

【マクラーレン】ザク・ブラウン「勝てないと考えるメンバーはいない」

【F1】バンドーン、バトンを擁護「テストしてなくても彼は問題ない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー ジェンソン バトン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース