F1ブラジルGPに向け、貨物輸送に遅延発生。チームクルーは夜通し作業に?

F1ブラジルGPに向けての貨物輸送に遅延が生じたため、各チームはレースに向けた準備を急ピッチで進めなければいけないが、F1側はレーススケジュールに影響は出ないと考えている。

F1ブラジルGPに向け、貨物輸送に遅延発生。チームクルーは夜通し作業に?

 2021年シーズン終盤戦を迎えたF1は、メキシコ、ブラジル、カタールという3連戦の真っ只中。非常に移動距離の大きいタイトな3連戦となっている。そんな中、現地時間11月14日(日)に決勝を迎えるブラジルGPを前に、貨物輸送に遅延が生じている。

 motorsport.comの調べによると、11月10日(水)の段階で約半数のチームが貨物の到着を待っている状態。中には木曜日まで到着しないものもあるようだ。金曜には走行が開始されることを考えると、メカニックらは木曜に夜通しでの作業を強いられるかもしれない。

 F1はmotorsport.comに対し、悪天候の影響で渡航や貨物輸送の遅延が発生していることを認めたが、一方で週末のレースには影響を与えないだろうとしている。広報担当者は次のように話す。

「月曜日にメキシコを出発した貨物の到着が、天候の影響により遅延している。つまり一部の貨物がまだブラジルに到着していない」

「それらは明日(木曜日)には到着するはずなので、レースウィークエンドにはあまり影響がないと考えている」

 なお、今週末のブラジルGPは今季3度目となるスプリント予選レースが組み込まれたフォーマットとなるため、レーススケジュールは少しイレギュラーなものとなっている。12日(金)は12時30分(日本時間24時30分)からフリー走行1回目が行なわれ、16時(日本時間28時)から1時間のノックアウト予選が実施される。そして13日(土)正午(日本時間24時)のフリー走行2回目の後、16時30分(日本時間28時30分)から24周のスプリント予選レースが行なわれ、その結果を基に決勝のグリッドが決定される。

 
Read Also:
シェア
コメント
F1、決勝前グリッドへのボディガード入場を規制する”ブランドル条項”を導入?
前の記事

F1、決勝前グリッドへのボディガード入場を規制する”ブランドル条項”を導入?

次の記事

F1のハイブリッドをアピール! ブラジルGPから新たなブランディングを使用

F1のハイブリッドをアピール! ブラジルGPから新たなブランディングを使用
コメントを読み込む