F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

F1フランスFP3:レッドブル、苦戦の1.3秒差。ボッタスが首位

シェア
コメント
F1フランスFP3:レッドブル、苦戦の1.3秒差。ボッタスが首位
執筆:
2019/06/22 12:57

F1第8戦フランスGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

 F1第8戦フランスGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

 60分間のセッションの天候は晴れ。気温25℃、路面温度47℃のコンディションでスタートした。

 まずは初日に好調さを見せたマクラーレンのランド・ノリスとカルロス・サインツJr.が即座にコースイン。ハースの2台とアレクサンダー・アルボン(トロロッソ)もそこに続いた。

 コースインしたマシン各車はインスタレーションラップの1周をこなすとピットに戻った。セッション序盤は積極的に走行するマシンが少なく、コース上にはダニール・クビアト(トロロッソ)とウイリアムズのロバート・クビサが走行するのみとなった。

 クビサは1分35秒832のタイムを計測し、続いてクビアトが1分33秒398でタイムシートのトップにつけた。クビアトはその後も走行を続けて、1分32秒744までタイムを更新した。

 10分が経過した頃、地元ルノーの2台がコースイン。ニコ・ヒュルケンベルグがタイム計測に入り、1分33秒720とした。ダニエル・リカルドも同じくタイム計測を行い、1分32秒690でひとまずのトップタイムに付けた。

 15分が経過する頃、ようやくトップチームが姿を表し、ピエール・ガスリー(レッドブル)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)らがコースイン。ガスリーは早速タイム計測に入り1分32秒679で3番手につけた。ボッタスもその後ろでアタックに入っており、1分31秒383を記録し、他車に1秒以上の差を付けてトップタイムとした。

 チームメイトのルイス・ハミルトンも1分31秒700をマークし2番手に入るが、フェラーリのシャルル・ルクレールが1分31秒466で上回った。

 セッションが25分ほど経過した頃、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が遅めのコースイン。1分31秒933を記録し5番手とした。

 残り時間30分を前にして、アタックに入ったハミルトンがタイムを更新。1分31秒108でトップタイムに。ボッタスはそれに負けじとアタックを行い、1分30秒853と更にタイムを縮めてハミルトンからトップタイムを奪い返す。

 コース上で走行を続けていたフェルスタッペンだが、2度ほどコースオフを喫しており、リヤがグリップしないと無線で訴える場面もあった。

 残り20分、新品のソフトタイヤを履いて再び出走したボッタスが、1分30秒159と昨年のポールポジションタイムに肉薄する速さを見せた。また、そこに続くようにハミルトンもコースへ出た。

 ハミルトンはアタックラップに入るが、途中でコースオフを喫し、ランオフエリアに膨らんでしまったことで、アタックはあえなくキャンセルに。その後ハミルトンは再びアタックに入り、1分30秒200を記録し2番手につけた。

 セッション終盤になるとフェラーリ2台も新品タイヤでアタックを行い、ルクレールが1分30秒605で3番手、ベッテルが1分30秒810で4番手となった。そこにフェルスタッペン、ガスリーが続いたが、メルセデスからは1秒以上の差をつけられている状況だ。

 最終的にそこから大きなタイムシートの動きはないままセッションは終了。トップタイムはボッタスとなった。2番手はチームメイトのハミルトン(+0.041秒)。3番手にルクレール(+0.446秒)、4番手にベッテル(+0.474秒)がつけた。

 結局FP2に続きメルセデスが盤石の速さを見せつける結果となったこともあり、フェラーリがどこまで食い下がれるかが予選の見どころとなりそうだ。

 一方でレッドブルは苦戦。5番手のフェルスタッペン、6番手ガスリー共々、トップのボッタスから1.3秒以上の差をつけられている。マクラーレン勢、ルノー勢との差はわずかであり、予選に向けて不安の残る結果となった。

 トロロッソはアルボンが13番手。グリッド降格が決まっているクビアトは17番手タイムとなった。

【リザルト】F1第8戦フランスGPフリー走行3回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 18 1'30.159     233.267
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 15 1'30.200 0.041 0.041 233.161
3 Monaco シャルル ルクレール 15 1'30.605 0.446 0.405 232.119
4 Germany セバスチャン ベッテル 13 1'30.633 0.474 0.028 232.047
5 Netherlands マックス フェルスタッペン 11 1'31.538 1.379 0.905 229.753
6 France ピエール ガスリー 14 1'31.599 1.440 0.061 229.600
7 United Kingdom ランド ノリス 14 1'31.654 1.495 0.055 229.462
8 Australia ダニエル リカルド 12 1'31.802 1.643 0.148 229.093
9 Spain カルロス サインツ Jr. 14 1'31.887 1.728 0.085 228.881
10 Finland キミ ライコネン 16 1'31.943 1.784 0.056 228.741
次の記事
F1フランスFP3速報:ボッタス首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン5番手

前の記事

F1フランスFP3速報:ボッタス首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン5番手

次の記事

F1フランスGP予選速報:ハミルトン、驚速タイムでポール獲得! フェルスタッペン4番手

F1フランスGP予選速報:ハミルトン、驚速タイムでポール獲得! フェルスタッペン4番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第8戦フランスGP
執筆者 永安陽介