F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
1 days
28 8月
次のセッションまで……
15 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
22 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
29 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
43 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
57 days
23 10月
次のセッションまで……
71 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
79 days

4位入賞のフェルスタッペン「マシンからできる限りを引き出した」

シェア
コメント
4位入賞のフェルスタッペン「マシンからできる限りを引き出した」
2019/06/24 7:24

フランスGPを4位で終えたマックス・フェルスタッペンだが、フェラーリの前で終えられたことに満足しつつも、まだやるべきことがあると語っている。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1第8戦フランスGPを4位で終えた。

 ホンダはフランスGPにアップグレード版のパワーユニット“スペック3”を投入。パフォーマンスの向上が期待されていた。

 フェルスタッペンは4番グリッドからレースをスタートして、前を行くフェラーリのシャルル・ルクレールを追う展開が続くが、最終的には引き離されてしまい、グリッドポジションと同じ4位でフィニッシュを迎えた。

 ただフェルスタッペンは、この一人旅にもモチベーション高く取り組むことができたと、チームのプレスリリースにコメントを寄せている。

「レースは一人旅が続きましたが、退屈することはなく、ルクレール選手がいつも視界に入っていたので、彼のラップタイムに合わせながらモチベーションを上げて走行できました」

「レースではたとえバトルをするマシンがいないときでも、プッシュし続けなければなりません。僕はいつでも自分がどれだけの速さで走れるのか知りたいので、限界までプッシュして走行しています」

「第2スティントではいい感触だったのですが、残り6~7周でリヤのグリップが無くなり、リヤタイヤに頼ることができなくなってしまいました。レース前半でルクレール選手についていこうとしたことにより、タイヤを少し使いすぎたのかもしれません」

 表彰台を獲得できなかったフェルスタッペンだが、それでも今回のレースでもう一台のフェラーリ、セバスチャン・ベッテルを上回ることができたことで満足を得ていると語っているものの、勝利という目標を達成するためにはまだやるべき事があると締めくくった。

「僕たちにとって相性の良いコースではなかったにもかかわらず、フェラーリの1台より前の4位でレースを終えることができ、満足のいく結果となりました。目指しているのはいつも勝つことに変わりありません」

「ただ、今日のレースでそれを叶えるのは難しかったのですが、マシンパッケージからできる限りの力を引き出して戦いました。このレースウイークで少し前進はできましたが、勝つためにはすべての面でまだやるべきことがあります」

ルノー、ヒュルケンベルグとの契約延長”以外”も検討。オコン加入の可能性も?

前の記事

ルノー、ヒュルケンベルグとの契約延長”以外”も検討。オコン加入の可能性も?

次の記事

今のF1は”退屈”? ハミルトン「それはドライバーのせいじゃない」と主張

今のF1は”退屈”? ハミルトン「それはドライバーのせいじゃない」と主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第8戦フランスGP