期待を語るハートレーと不満を抱えるガスリー「グリップが足りない」

シェア
コメント
期待を語るハートレーと不満を抱えるガスリー「グリップが足りない」
2018/07/21 7:10

F1ドイツGPの金曜日、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはグリップ不足に不満を訴える一方、チームメイトのブレンドン・ハートレーはロングランのペースに対する期待感を語る。

 ホッケンハイムで開幕したドイツGPの初日、トロロッソ・ホンダはFP1、FP2共に中団グループの下位に沈んだ。

 FP1を18番手、FP2を15番手で終えたピエール・ガスリーは、初日の走行についてチームのプレスリリースに次のようなコメントを寄せた。

「全体的に、ペースの面では難しい1日だった」

 そうガスリーは語る。

「より多くのグリップを見つけるために、本当にたくさんの仕事をする必要がある。それ以外に言うべきことはない。それが、現時点で僕らが苦労していることなんだ」

「僕らにできる唯一のことは、明日に向け、可能な限りマシンのパフォーマンスを改善するため、効率的に働くことだ」

 一方でFP1を15番手、FP2を16番手で終えたブレンドン・ハートレーは、ポジティブな面も感じているようだ。

「ホッケンハイムでF1マシンを初めて走らせたけど、とても楽しかった」

 そうハートレーは、特にロングランのペースに好印象を抱いているようだ。

「僕は、どちらのセッションでもかなり強いと感じた。FP2の終盤、多くの燃料を積んでロングランした時は特にね。僕は中団争いの中でも、強いマシンの1台だと思う」

「今回も、中団のショートランの争いは非常に僅差だ。トップ10に入るためには、0.2〜0.3秒が重要になると思う。今日はベストラップで全てを揃えることができなかったが、今夜宿題をやり終えることができたら、いくつかポジションを上げることを目指すことができると思う」

次の F1 ニュース
ウイリアムズ、新型ウイングに手応え「十分な改善を遂げている」

前の記事

ウイリアムズ、新型ウイングに手応え「十分な改善を遂げている」

次の記事

トロロッソ・ホンダ、アップデートを持ち込む。土曜日は雨の可能性も?

トロロッソ・ホンダ、アップデートを持ち込む。土曜日は雨の可能性も?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース