ガスリー、W杯フランス優勝を満喫「F1スタートの時のように緊張した」

シェア
コメント
ガスリー、W杯フランス優勝を満喫「F1スタートの時のように緊張した」
2018/07/18 2:59

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、ドイツGPに向けたコメントを発表。オフ期間に行われたワールドカップで母国が優勝したことを、興奮気味に語った。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、今週末に開催されるドイツGPに向けて意気込みを語った。

 F1史上初の3週連続開催を終え、ガスリーは休暇を取ることができたという。そして彼の休暇は実に充実したモノとなったようだ。

「休みを取ることができたのは、本当に良かった。僕は故郷に戻ったんだ」

 そう語るガスリー。ガスリーはフランス人。フランスといえば、サッカーのワールドカップで優勝を果たし、大いに盛り上がった。ガスリーも、その瞬間を満喫したようだ。

「僕はバーベキューをしながら、ワールドカップの決勝を見なければならなかった。僕は試合を実に熱心に観ていたんだ。とても緊張したよ。F1のレースにスタートする時のようだった」

「ユニフォームにふたつ目の星を入れることができて、とっても嬉しいよ」

 今回の大会での優勝は、フランスにとって、1998年以来通算2回目のことである。

「全てのフランスのファンを喜びを分かち合うために、試合後に街に出てみたんだ。みんなが通りで歌い、そしてその瞬間を楽しんでいるのを見るのは、とても素晴らしいことだった」

「僕の育った街で、そんなに多くの人を見たのは、生まれて初めてのことだった。人口が倍増したようだった」

「3週連続開催を終えた後、友人たちや家族と週末を楽しむことができたのは、素晴らしいことだった。今週からの2連戦に向け、充電する時間を得ることができた」

 今週末に迫るドイツGP。その舞台となるホッケンハイムリンクについて、ガスリーは次のように語った。

「ホッケンハイムでの最初のレースは、フォーミュラ・ルノーの2リッターだった。僕は予選で2位になり、フロントロウに並んだ。隣には、ストフェル・バンドーンがいた」

「前にここでレースをしたのは、2016年のGP2だった。良いレースをしていたんだけど、僕の消火器が外れてしまい、コクピットが煙で満たされてしまった。だから僕は、安全上の理由で失格となってしまった。それまでは本当に良いレースをしていたんだ」

 ホッケンハイムリンクの印象について、ガスリーは次のように語った。

「ホッケンハイムのコースにはいろんなキャラクターがあり、その背景には長い歴史がある」

「スタジアムセクションは、僕が一番好きな場所だ。とてもテクニカルで、ドライブするのがとても楽しいんだ。それから、かつてコースだったオールド区間にも行ってそこを見てみたい。非常に長いストレートが、本当に印象的だった。そして、ピットに戻る前のシケインもね」

次の F1 ニュース
アロンソ、全車へのポイント付与には反対「”奇跡”が生まれなくなる」

前の記事

アロンソ、全車へのポイント付与には反対「”奇跡”が生まれなくなる」

次の記事

”レッドブルの決断”に左右されず……ルノー、サインツ離脱の代替策準備

”レッドブルの決断”に左右されず……ルノー、サインツ離脱の代替策準備
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース