F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

ハース、2019年マシンのカラーリングを発表。ブラック&ゴールドの美しい姿に

シェア
コメント
ハース、2019年マシンのカラーリングを発表。ブラック&ゴールドの美しい姿に
2019/02/07 12:26

F1参戦4年目のシーズンを迎えるハースが、新タイトルスポンサーのリッチエナジーのブランドイメージである黒と金で彩られた、2019年マシンのカラーリングを発表した。

 ハースが先陣を切って、2019年仕様のマシンカラーリングを発表した。

 F1参戦4年目のシーズンを迎えるハースF1。今シーズンからエナジードリンクのブランドであるリッチ・エナジー社がタイトルスポンサーにつくことになり、そのカラーリングが一変すると予想されていた。

 そのハースは2月7日のイギリス時間11時(日本時間20時)から、ロンドンでカラーリング発表会を実施。ライバルに先駆けて、2019年シーズンを戦うマシンの彩りを公開した。

 これまで赤・黒・白のイメージが強かったハースだが、リッチエナジーのイメージカラーである黒をベースに金をあしらったカラーリングに華麗に変身して見せた。ドライバーたちのレーシングスーツも、黒ベースに変更されている。

 なおチーム名は今シーズンから、”リッチエナジー・ハースF1チーム”に変更となっている。ドライバーは、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのコンビ。昨年スーパーフォーミュラにも参戦したピエトロ・フィッティパルディがテストドライバーを務める。

 参戦3年目の2018年は、一気に戦闘力を挙げてランキング5位に躍進したハース。カラーリングを一変させたマシンで、2019年どんな活躍を見せるのか、大いに注目が集まる。

次の記事
ウイリアムズFW14B、グッドウッドでオークションに出品へ

前の記事

ウイリアムズFW14B、グッドウッドでオークションに出品へ

次の記事

ウイリアムズ、新車カラーリングを2月11日発表。タイトルパートナーも獲得

ウイリアムズ、新車カラーリングを2月11日発表。タイトルパートナーも獲得
コメントを読み込む