オコン&マグヌッセン失格。ハートレー9位に繰り上がり

シェア
コメント
オコン&マグヌッセン失格。ハートレー9位に繰り上がり
執筆: 田中健一
2018/10/21 23:09

エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが、燃料に関する違反で相次いで失格となったため、ハートレーは9位入賞を果たすことになった。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1アメリカGPを11番手でフィニッシュした。しかしレース後、エステバン・オコン(フォースインディア)が燃料流量違反により失格。さらにケビン・マグヌッセンも、燃料使用量制限違反により失格となったため、最終的に9位を手にすることとなった。

 F1では使うことができる燃料の流量が規定されており、最大でも105kg/hまでしか使えない。しかしオコンのフォースインディアはレーススタート直後、これを超えた流量を使っていたということが分かった。

 フォースインディアのチーム代表であるオットマー・サウナウアーによれば、オコンのマシンの燃料流量には波があり、一時的に燃料流量が高まった段階があったという。1周で見れば違反がなかったとサウナウアーは主張するが、それでもスチュワードは違反と判断。オコンを失格処分とした。

 一方マグヌッセンは、レース中に使うことができる燃料の最大量”105kg”を超えたガソリンを消費したという。これにより、マグヌッセンも失格となった。

 これらの処分により、10番手でフィニッシュしたセルジオ・ペレス(フォースインディア)が8位、以下ハートレー9位、マーカス・エリクソン(ザウバー)が10位にくりあがることとなった。ハートレーにとっては、F1での自己ベストリザルトを更新することとなった。

→F1第18戦アメリカGP決勝結果:修正版

次の記事
オコンとフォースインディア、燃料流量違反の疑いで召喚

前の記事

オコンとフォースインディア、燃料流量違反の疑いで召喚

次の記事

【動画】F1アメリカGP決勝ハイライト

【動画】F1アメリカGP決勝ハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ブレンドン ハートレー , エステバン オコン , ケビン マグヌッセン
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース