栄光再び……ホンダF1、IHIとターボチャージャーの技術提携を発表

シェア
コメント
栄光再び……ホンダF1、IHIとターボチャージャーの技術提携を発表
2018/11/13 7:09

ホンダF1は、IHIとのターボチャージャーに関するテクニカルパートナーシップ契約を結んだことを発表した。契約期間は2019年から2年間である。

 ホンダは、F1パワーユニットのターボチャージャー開発・製造について、IHIとテクニカルパートナーシップ契約を結んだことを明らかにした。契約期間は2019年から2年間である。

 2015年にホンダがF1に復帰して以来、両社はターボチャージャーに関する協業を進めてきたという。そして今回の契約によって、さらなるパフォーマンス向上が期待できるとしている。

 IHIは、ホンダのF1第2期のターボ時代(1984〜1988年)にも、ターボチャージャーの開発を担当。例えば1988年に16戦15勝を記録したマクラーレンMP4/4に搭載されていたエンジンRA168Eにも、IHI製のターボチャージャーが取り付けられていた。

「このたび、世界最高のエンジンサプライヤーのひとつであるHondaと、世界最高峰のレース活動においてテクニカルパートナー契約を締結できることを嬉しく思います」

 IHIの執行役員であり、産業システム・汎用機械事業領域副事業領域長/車両過給機SBU長を務める川崎義則氏は、ホンダのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「双方がテクニカルパートナー契約の理念に則り、パワーユニットが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、ターボチャージャーの開発を加速させていきます。来シーズン以降、輝かしい戦績を残した第2期Honda F1レース活動のように、IHI製ターボチャージャーを搭載したHonda製パワーユニット搭載車両の活躍に全世界が熱狂するシーズンとなりますことを、大いに期待しております」

 ホンダのブランドコミュニケーション本部長である森山克英氏も、次のようにコメントを寄せている。

「IHIは創業以来、造船や蒸気タービンをルーツとして培った『回転機械技術』に関して、高い技術と専門性を有する企業です。今回の関係強化がHondaパワーユニットのさらなる性能向上に繋がると考えており、非常に頼もしく感じています。これからも我々の目標である勝利を目指して、ともにチャレンジを続けてまいりますので、ファンの皆さまには引き続きご声援のほどよろしくお願いします」

 ホンダは来季から、これまでのトロロッソに加え、レッドブル・レーシングにもパワーユニットを供給することになっている。

次の記事
ルクレール、元僚友アルボンは「F1にふさわしい」とシート獲得を願う

前の記事

ルクレール、元僚友アルボンは「F1にふさわしい」とシート獲得を願う

次の記事

ガスリー、チームオーダーを無視「ハートレーは”自力”で僕を抜くべきだった」

ガスリー、チームオーダーを無視「ハートレーは”自力”で僕を抜くべきだった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1