ホンダPUの向上に期待するガスリー「どう機能するか確認したい」

シェア
コメント
ホンダPUの向上に期待するガスリー「どう機能するか確認したい」
2018/05/29 3:37

次のカナダでアップデート版パワーユニットを搭載する予定のホンダ。その改良に、トロロッソのドライバーたちは期待している。

 トロロッソのドライバーたちは、次のカナダGPで投入される予定のホンダ製パワーユニットに期待している。

 今季から新たなパートナーとしてトロロッソと組んだホンダ。ここまで入賞3回、合計19ポイントを獲得している。先日行われたモナコGPでも、ピエール・ガスリーが巧みなタイヤマネジメントを行ったこともあり、7位を手にしている。

 そのホンダは次のカナダGPに、アップデート版のパワーユニットを投入する予定だと言われている。これはトロロッソ・ホンダのパフォーマンスアップのみならず、来季からのレッドブルとの契約をまとめるためにも、重要なステップになると見られている。

 このアップデートへの期待について聞かれたガスリーは、次のように語った。

「僕はFP1まで、どんな違いが出るのかを待つつもりだ」

 そうガスリーは語った。

「F1では、実際に新しいパーツを入れ、その効果を見るまで待った方がいいと思う。時にそれは、期待通りに働かないこともあるからだ。でもその一方で、期待以上に機能することもあるから、僕はそれを見たいんだ」

「でも、僕が考えている方向に進むだけでも、僕はこのアップグレードについて本当に興奮している」

「今週末(モナコGP)、僕らは良い一歩を踏み出したと思う。モナコは特別なコースだけど、今度のレースでも、このペースを維持できることを願っている」

 カナダでも同じようなペースで走ることができると考えているかと尋ねられたガスリーは、次のように語った。

「もっと良いポジションからスタートできれば、さらに良い結果になるだろう。ただ、モナコは本当に特別なコースなので、注意する必要がある。しかも、カナダは僕にとって、初体験のコースだ。どうやらかなり難しいサーキットらしいね」

「しかもカナダは当然、モナコよりも長いストレートがある。だから、アップグレートがどのように機能するのか、確認する必要がある」

「しかし、モナコと同じようなマシンがあれば、素晴らしいレースになるだろう」

 ブレンドン・ハートレーは、フリー走行では好ペースを発揮していたものの、予選ではうまくいかずQ1敗退。それでも決勝では入賞を目指して11番手を走行していた際、ブレーキトラブルを起こしたザウバーのシャルル・ルクレールに追突されてしまい、リタイアに終わった。

 そのハートレーも、アップグレードに期待している。

「モントリオール(カナダ)に向けては、かなりポジティブだ。エンジン(パワーユニット)のアップグレードがあるし、今回投入した新しいフロアもある。僕らはマシンのパフォーマンスを向上させることができた。チームは本当の意味で、マシンのポテンシャルを広げる方法を理解し始めたように見える」

 パワーユニットのアップグレードにどんなことを期待するのか? それを問うと、ハートレーは次のように語った。

「正確な数字は分からない。ホンダか、チームに尋ねた方がいいだろう。でも、かなりのステップであることを意味すると思う」

次の F1 ニュース
ボッタス、”ハイパーソフトは弱点”と認めるも「PP逃した原因はマシン」

前の記事

ボッタス、”ハイパーソフトは弱点”と認めるも「PP逃した原因はマシン」

次の記事

ハミルトン、モナコGPの変更を提案「レイアウトも含めて考え直すべき」

ハミルトン、モナコGPの変更を提案「レイアウトも含めて考え直すべき」

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース