ガスリー渾身のアタックで予選6位「3〜4回クラッシュしそうだった」

シェア
コメント
ガスリー渾身のアタックで予選6位「3〜4回クラッシュしそうだった」
2018/07/29 6:32

ハンガリーGPの予選で6位となったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、3〜4回クラッシュしそうになるほど限界を攻めたと語る。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、予選Q3のアタックで3〜4回クラッシュしそうになる程攻めたと語った。

 雨が強まったり、弱まったりする難しいコンディションとなったハンガリーGPの予選。ガスリーはそんな状況をかいくぐりQ3進出を果たすと、最終的には6位という好結果を獲得した。

「信じられないような1日だった。貢献がめまぐるしく変わり、タイヤもスリック、インターミディエイト、ウエットと使い分けなければいけなかった」

 ガスリーは予選後にそう語った。

「今週末、ウエットコンディションで走るのは(予選が)初めてだったから、そのコンディションで何を期待していいのか分からなかった。マシンをコース上に留めておくだけでも難しかった。でも、この数週間はチームにとっては辛い時期が続いていたので、素晴らしい結果になった」

 前述の通り、予選Q3はクラッシュ寸前のアタックだったとガスリーは言う。

「何もコントロールできないような状況だった。どこでもアクアプレーニングが起きるし、タイヤもロックした。ストレートを5速で走っていても、ホイールスピンしてしまうんだ。僕は最後の1周だけ新しいセットでアタックしたので、望んでいたようにタイヤを温めることができず、グリップが全くないような感じだった」

「僕はピットレーンで少し待ったため、最適ではないタイヤ温度で周回を始めるしかなかった。どこでも滑ってしまうんだ。周回を終えた時、全てをまとめることができたんだけど、グリップ自体はかなり低かった。そして、僕が6番手になったということを知った。ただただ素晴らしかった」

「その周回では、3〜4回クラッシュしそうになった。かなり限界だったんだ」

 決勝に向けて期待することを尋ねると、ガスリーは次のように語った。

「モナコと並んで、ここは予選が最も重要だ。オーバーテイクするのは、ものすごく難しい。2台のレッドブルは、僕らの後ろにいる。彼らはおそらく、ロングランでは僕らよりも1周あたり2秒速いだろう。彼らを抑え続けるのは難しいと思うけど、僕らのマシンにもかなり良いペースがあると思う」

「とにかく、コース上でのポジションは明らかに重要だ。それについては、ここまでやった仕事の中でも良い部分だと思う。でもこの後は、僕らはライバルたちの前に立ち続けなきゃいけない。それは簡単なことではないだろう」

Additional reporting by Ben Anderson and Edd Straw

次の F1 ニュース
フェルスタッペン、グロージャン妨害も視界不良等を考慮しお咎めなし

前の記事

フェルスタッペン、グロージャン妨害も視界不良等を考慮しお咎めなし

次の記事

リカルド、まさかのQ2敗退で12番手。「純粋に不運だった」と雨と黄旗を嘆く

リカルド、まさかのQ2敗退で12番手。「純粋に不運だった」と雨と黄旗を嘆く
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース