「ドライバビリティは素晴らしい」ホンダを賞賛するガスリー

シェア
コメント
「ドライバビリティは素晴らしい」ホンダを賞賛するガスリー
2018/07/30 3:31

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、ホンダ製パワーユニットのドライバビリティを賞賛。その一方で、さらなるパフォーマンスを求めている。

 ハンガリーGPで6位という好結果を得たピエール・ガスリー。そのガスリーは、ホンダ製のパワーユニットについて、「もっとパワーが必要」と語る反面、「ドライバビリティは素晴らしい」と評価した。

 ガスリーはウエットコンディションとなった予選で6位。決勝でもレッドブルのダニエル・リカルドには抜かれたものの、同じレッドブルのマックス・フェルスタッペンのリタイアにも助けられ、中団グループ勢最上位の6位でフィニッシュとなった。バーレーンGPの4位に次ぐ好結果である。

「有望な結果だと思う」

 そう答えるガスリーは、パワーが重要ではないコースであると語りつつも、ホンダの仕事ぶりを賞賛した。

「でも……ブダペストは、パワーの重要度が低いサーキットであることを、僕らは理解している。ある意味では、それは他チームとの差を縮めることができるということを意味する」

「ホンダは、雨となった予選で素晴らしい仕事をした。ドライバビリティ(運転しやすさ)は素晴らしく、今日も何の問題も起きなかったんだ」

「僕らは前進できる可能性を秘めている。それを示すことは、ホンダのモチベーションを高めるための、最良の方法だった。特に夏休みの直前だったから、彼らに対して大きな後押しとなるだろう。シーズン後半、ホンダのパワーユニットから、さらなるパフォーマンスが得られたら良いと思う」

 ホンダのドライバビリティの良さについて解説を求めると、ガスリーは次のように語った。

「改善したわけじゃない。ドライバビリティは、シーズン最初から、去年のルノーと比較してかなり良かった」

「スロットルもそうだし、トルクもそうだ。ウエットコンディションでは安定性があることを大切だし、ペダルの操作に対して正確であることが重要だ。ペダル操作と少しでも違えば、ウエットとなった路面ではとても厄介になる」

「これは、ホンダのかなり良いところだ。改善する必要があるところ、それはパワーだということを、僕らは知っていると思う。でもドライバビリティの面は本当に良い」

Additional reporting by Oleg Karpov

次の記事
ベッテル、接触のボッタスを責めず「タイヤのグリップがなかったのでは」

前の記事

ベッテル、接触のボッタスを責めず「タイヤのグリップがなかったのでは」

次の記事

ウルフ、”サポート役”発言を弁明「選手権での話をしているのではない」

ウルフ、”サポート役”発言を弁明「選手権での話をしているのではない」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中