ハートレー、予選8位も入賞ならずがっかり「ルノーに反応したのが失敗」

シェア
コメント
ハートレー、予選8位も入賞ならずがっかり「ルノーに反応したのが失敗」
2018/07/29 23:46

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、ハンガリーGP決勝を8番グリッドからスタートしたにもかかわらず、11位フィニッシュ。2戦連続の入賞は果たせなかった。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、ハンガリーGPを11位でフィニッシュした。

 土曜日に行われた予選では8位となり、自身初のQ3進出を果たしたハートレーだったが、決勝にその好結果を繋げることができなかった。

「予選はすごく力強かったのに、入賞できなかったことにがっかりしている」

 ハートレーはチームのプレスリリースにそう語った。

「僕は素晴らしいスタートを切ったけど、(ピエール)ガスリーのインサイドに飛び込まないことを決めた。その結果、僕は(ケビン)マグヌッセン(ハース)にポジションを奪われてしまった」

 ウルトラソフトタイヤを履いてレースをスタートしたハートレーだったが、ソフトタイヤを履いたルノーのカルロス・サインツJr.に抑えられることになってしまった。

「僕はレース前半、ソフトタイヤを履いていたサインツの後ろを走っていた。それによって、僕のレースは壊されることとなった。その後、後ろを走っていた(ニコ)ヒュルケンベルグに反応する形でピットに入り、ミディアムタイヤに交換した。これはあまりにも早すぎたし、僕に最高のパフォーマンスを与えてくれなかった」

「チームが戦略を分けた理由について、僕は完全に理解している。でも、僕にとっては上手くいかなかった」

「僕はミスをしなかったし、良いスタートも切った。でも、それに相応しいポイントを手にすることはできなかった」

「チームが多くのポイントを手にできたことは嬉しい。これはこの数カ月にわたる苦労の報いだと思う」

次の F1 ニュース
ボッタス、チーム代表の”サポート役”という言葉に不満。レース後議論へ?

前の記事

ボッタス、チーム代表の”サポート役”という言葉に不満。レース後議論へ?

次の記事

ベッテル、接触のボッタスを責めず「タイヤのグリップがなかったのでは」

ベッテル、接触のボッタスを責めず「タイヤのグリップがなかったのでは」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース