F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
2 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
9 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
30 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
44 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
58 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
86 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
93 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
107 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
114 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
128 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
142 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
149 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
163 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
177 days

シャシーを”戻した”バンドーン「感覚が普通に戻った」とご満悦

シェア
コメント
シャシーを”戻した”バンドーン「感覚が普通に戻った」とご満悦
2018/07/28 2:58

この数戦不調に苦しんできたバンドーンは、シャシーをかつて使用していたモノに戻したことにより、正常な感覚を取り戻すことができたと語った。

 ここ数戦、苦戦が続いていたマクラーレンのストフェル・バンドーン。その原因はシャシーに問題があったためではないかと疑われたことで、今回のハンガリーGPから、かつて使っていたシャシーに戻したという。その結果、バンドーンは”通常の感覚”を取り戻すことができたようだ。

「今日ははるかに正常に感じた」

 そうバンドーンは語った。

「マシンに乗った時、普通の感じに戻ったんだ。僕はミスしてスピンしてしまったので、ウルトラソフトタイヤでラップタイムを残すことができなかった。でも、感触は正常に戻っている。ロングランのペースも、強いように見えた」

 その初日に満足していると、バンドーンは語る。

「金曜日には満足している。僕は再び、セットアップの作業を始めることができるように感じたんだ。明日のFP3では良いセッションを走って、予選に向けてできる限りの準備ができれば良いと思っている」

 予選での目標についてバンドーンは、「トップ10にできる限り近づくこと」だと語った。

「すごくタイトな争いだ。最初の目標は、トップ10にできるだけ近付くことだと思う」

 予選でQ3に進むということは、決勝レースをウルトラソフトタイヤを履いてスタートしなければならないということを意味する可能性が高い。これは必ずしも良いことではないかもしれないと、バンドーンは語る。

「ウルトラソフトタイヤを履いて、Q3に進むことが良いことなのかは分からない。とにかく、トップ10にできる限り近づくことが理想だ」

Additional reporting by Filip Cleeren

次の記事
レッドブル、キーの長期契約を主張「マクラーレンは長く待つだろう」

前の記事

レッドブル、キーの長期契約を主張「マクラーレンは長く待つだろう」

次の記事

ハース&ザウバー、ハンガロリンクでフェラーリPUの最新版を使用

ハース&ザウバー、ハンガロリンクでフェラーリPUの最新版を使用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中