ハートレー、スタート直後にリタイア「見る分には良いレースだったけど……」

シェア
コメント
ハートレー、スタート直後にリタイア「見る分には良いレースだったけど……」
2018/09/03 3:24

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1イタリアGPの決勝レースを、スタート直後に起きたザウバーとの接触によりリタイアすることとなった。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1イタリアGPをスタート直後にリタイアすることとなった。

「僕は初めてのモンツァでのグランプリを、本当に楽しみにしていた」

 ハートレーはそうチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「今週末、僕は非常に力強いと感じていたし、予選でもピエール(ガスリー)にとても近かった。グリッド上で少し遅れをとっているとしても、力強いレースをすることに自信があった」

 しかしハートレーの期待は、レース後すぐに潰えることになる。ザウバーのマーカス・エリクソンと接触したことで右フロントタイヤがバーストし、1コーナーに辿り着く前にマシンを止めねばならなかったのだ。

「残念ながらスタート直後に、エリクソンは左に少し動いて僕を抜こうとした。彼の動きはそれほどアグレッシブなモノではなかったけど、ターン1の前で僕の1日を終わらせるには十分だった」

 レースを完走したかったと、ハートレーは悔しがる。

「外から見ている分には、素晴らしいレースだった。でももちろん、コース上を走り、レースを完走できた方が良かった」

次の F1 ニュース
ガスリー「マシンにダメージがあり、苦しいレースになった」と明かす

前の記事

ガスリー「マシンにダメージがあり、苦しいレースになった」と明かす

次の記事

「欧州ラウンド最高の終わりではなかった」ホンダ、後半戦への集中を誓う

「欧州ラウンド最高の終わりではなかった」ホンダ、後半戦への集中を誓う
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース