「欧州ラウンド最高の終わりではなかった」ホンダ、後半戦への集中を誓う

シェア
コメント
「欧州ラウンド最高の終わりではなかった」ホンダ、後半戦への集中を誓う
2018/09/03 3:43

F1イタリアGPを厳しい結果で終えたトロロッソ・ホンダ。ホンダの田辺テクニカルディレクターは、欧州ラウンド最終戦としては満足できないとしながらも、残りのレースに集中すると語った。

 トロロッソ・ホンダは、F1イタリアGP決勝をピエール・ガスリーは15位、ブレンドン・ハートレーはリタイアで終えた。

「チームのホームレースにおける期待外れの結果は、両方のクルマが接触に関与したことが原因です」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターはそうチームのプレスリリースに語った。

「ブレンドンのケースは、スタート直後に起きたザウバーからの接触により、リタイアせざるをえなかったのです。ピエールについては、セーフティカーランの後にマクラーレンと接触したことにより、マシンのバランスが崩れました。それは、彼が今週末に見せていたペースを取り戻すことができなかったことを意味していました」

 厳しい結果となったイタリアGP。しかし田辺テクニカルディレクターは、残りのレースに集中すると意気込みを語る。

「今シーズンのヨーロッパラウンドの最後としては、最高の終わり方ではありませんでした。しかし今は、シンガポールから始まる今季残りのレースに向け、集中するつもりです」

「シンガポールは、我々のパッケージの特徴に、より適したサーキットのはずです」

次の F1 ニュース
ハートレー、スタート直後にリタイア「見る分には良いレースだったけど……」

前の記事

ハートレー、スタート直後にリタイア「見る分には良いレースだったけど……」

次の記事

リカルドのリタイアはクラッチが原因? レース後の調査で判明

リカルドのリタイアはクラッチが原因? レース後の調査で判明
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース