日本人F1ドライバーを待望する鈴鹿&ホンダ「近い将来……」

シェア
コメント
日本人F1ドライバーを待望する鈴鹿&ホンダ「近い将来……」
執筆: 田中健一
2018/09/01 8:44

日本GP開催契約の延長が発表された記者会見で、モビリティランドの山下社長とホンダの山本モータースポーツ部長が、日本人ドライバーの誕生を待望していると語った。

Podium: Felipe Massa, Ferrari, Paul Monaghan, Red Bull Racing Chief Engineer, Sebastian Vettel, Red Bull Racing and Kamui Kobayashi, Sauber
Podium: race winner Nelson Piquet, Benetton, second place Roberto Moreno, Benetton, third place Aguri Suzuki, Larrousse
Takuma Sato celebrates his first points in Formula 1 with Jordan and Honda team members
Takuma Sato celebrates his first points in Formula 1
Takuma Sato
Masashi Yamamoto, General Manager, Honda Motorsport, Chase Carey, Chairman, Formula One, and Susumu Yamashita, President at MobilityLand Corp, announce Hondas sponsorship of the Japanese Grand Prix

 3年間の開催契約延長が発表された、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリ。また、今季の日本グランプリは本田技研工業がタイトルスポンサーとなり、「2018 FIA F1世界選手権シリーズ 第17戦 Honda日本グランプリレース」として行われることも併せて発表された。

 この発表が行われた席上で、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下晋社長、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、揃って日本人F1ドライバーの誕生を熱望するコメントを発した。

「今回の30回大会に、日本人ドライバーを乗せられないのは本当に残念です」

 山本モータースポーツ部長は、そう語った。山本部長は、以前motorsport.comの取材にも、次のように語っていた。

「日本のモータースポーツを盛り上げたいという想いがあります。そして、日本におけるF1の人気をもう一度盛り返したい。そのためには、日本人ドライバーをF1に乗せるということは重要だと思っています」

「今、F2でふたりのドライバーが頑張っていますが、まずは彼らがスーパーライセンスを取ることが必要です。それができれば、2チームと手を組むということで、日本人ドライバーを走らせる可能性が広がります。ここも、ホンダには非常に重要なことです」

 2チームとはもちろん、現在パワーユニットを供給するトロロッソと、来季から新たにパワーユニット供給先となるレッドブルのことだ。当時山本部長は、レッドブル・グループとホンダの間で、育成プログラムを交流させる可能性も示唆していた。

 モンツァで山本部長は、次のように発言を締めくくった。

「近い将来、F1でも活躍する日本人ドライバーを乗せたいと思っています」

 一方、モビリティランドの山下社長は、日本人ドライバー誕生を次のように待望した。

「日本人ドライバーが活躍して、表彰台に近い活躍をした時のスタンドの歓声が、私は忘れられません。お客様が多い、少ないではなく、お客様のテンションが全く違います。我は近い将来、日本人ドライバーが乗ってくれることを期待していますし、色々と山本さんとも議論しています」

Additional Report by Oleg Karpov&赤井邦彦

次の F1 ニュース
”危険な”DRSはいずれF1から無くすべき。サインツJr.が提言

前の記事

”危険な”DRSはいずれF1から無くすべき。サインツJr.が提言

次の記事

FP2で大クラッシュのエリクソン、シャシーを交換しFP3以降も出走へ

FP2で大クラッシュのエリクソン、シャシーを交換しFP3以降も出走へ
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP チケット
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース