F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
06 時間
:
46
:
17
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

マクラーレン、新車MCL34を発表。復活への足がかりとなるか?

シェア
コメント
マクラーレン、新車MCL34を発表。復活への足がかりとなるか?
2019/02/14 12:34

マクラーレンは、2019年シーズン用のニューマシンMCL34を、2月14日に公開した。

 マクラーレンは、2019年仕様のニューマシンMCL34を、イギリス・ウォーキングにあるチームの本拠地、マクラーレン・テクノロジー・センターで発表した。

 昨シーズンは序盤こそコンスタントにポイントを獲得したものの、夏休み明け以降はわずか10ポイントしか獲得できなかったマクラーレン。ランキングこそ6位だったものの、実質的には最後尾をウイリアムズと争う存在となってしまっていた。

 そんな状況から脱却すべく生み出されたのが、このMCL34である。カラーリングは昨年同様にオレンジがベースだが、リヤエンドは青く塗り分けられている。また、ノーズ先端は非常に特徴的なデザインとなった。またレーシングスーツは青がメインになっている。最近では、ブリティッシュ・アメリカン・タバコとスポンサーシップを締結するなど、変革が続いているが、それを印象付ける配色となった。

 またパワーユニットはルノーのE-Tech19を使う。

 ブレーキキャリパーやマスターシリンダー、そしてブレーキ・バイ・ワイヤーのコントロールシステムは曙ブレーキ製、ホイールはエンケイ、無線はケンウッド、冷却システムはカルソニック・カンセイ製、製作機械はヤマザキマザック製……など、日本メーカーのパーツ/システムを多用しているのも、マクラーレンの特徴と言える。

 ドライバーラインアップは昨年から一新。フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンがチームを離れ、ルノーから移籍のカルロス・サインツJr.と新人ランド・ノリスというフレッシュな顔ぶれとなった。

 ここ数年低迷が続くマクラーレン。復活へ向けた第一歩となるか?

次の記事
新生アルファロメオ、フィオラノでシェイクダウン! ライコネンがドライブ

前の記事

新生アルファロメオ、フィオラノでシェイクダウン! ライコネンがドライブ

次の記事

F1新車”雑感”解説:マクラーレンMCL34……復活目指し、アグレッシブな開発?

F1新車”雑感”解説:マクラーレンMCL34……復活目指し、アグレッシブな開発?
コメントを読み込む