F1新車”雑感”解説:マクラーレンMCL34……復活目指し、アグレッシブな開発?

シェア
コメント
F1新車”雑感”解説:マクラーレンMCL34……復活目指し、アグレッシブな開発?
2019/02/14 14:02

マクラーレンが発表した2019年シーズン用のニューマシンMCL34。復活を目指すチームだけあって、非常にアグレッシブな変身を遂げた1台。

 マクラーレンが。2019年シーズンを戦うニューマシンMCL34を、2月14日にイギリス・ウォーキングのマクラーレン・テクノロジー・センターで公開した。このマシンは、昨年のマシンMCL33とは、大きく異なっているように見える。

 まずノーズは、MCL33でシーズン後半に使ったデザインを、さらに洗練させた印象。先端に3つの穴が空いているのは同様だが、ノーズ自体は細められ、左右には地面と水平の板状のパーツが左右に取り付けられている。この付近を流れる空気を、綺麗に後方に向けて流してやるための措置だろう。

 バージボードのエリアは一変している。レギュレーションによりバージボードの高さは低められたが、その外側には飛行機の羽のようなパーツが斜め後方に向かって伸び、このエリアにボックスを形成している。またコクピット横には、レッドブルが昨年から使用しているウイングが2枚横に伸び、その間にサイドポッド開口部が設けられている。

 カウルの絞り込みは、ライバルと比較するとそれほど印象的ではないが、細くなっている印象。ただ、リヤ部分は逆に広げられていて、これもマシン後方に向かう気流を整えるために活用されていそうだ。また、カウル上部には小さなシャークフィンが付いている。

 サスペンションも興味深い。

 まずフロントはアッパーアーム(上側のアーム)は、メルセデスなどが取り入れている形式を採用。アップライトの上部から角状のピボットを伸ばし、そこにアームを接続している。こうすることで、ノーズを高めて床下の空間を確保しつつも、アームを地面と極力平行にしようとしているのだろう。これは、MCL33とは異なる処理である。

 リヤサスペンションは、上下のアーム共にウイッシュボーン(鳥の叉骨のように二股になっているアーム)ではなく、むしろサスペンションアーム自体がウイングのような形状になっている。ただこれは、MCL33でも同じような処理をしており、踏襲と言ってもいいだろう。

 また日本のエンケイ製リヤホイールは、リム部分に凹凸を細かく配置。これは、昨シーズン後半にメルセデスが採った手法を拝借してきた……という印象。タイヤを労わろうという意思の表れだろうか?

 昨年、特に後半は大いに苦しんだマクラーレン。今年こそ復活の足がかりを掴む1年目となるのか? とにかく現時点では、非常にアグレッシブに攻めたデザインをしてきた1台と言えそうだが、果たしてその戦闘力やいかに。

次の記事
マクラーレン、新車MCL34を発表。復活への足がかりとなるか?

前の記事

マクラーレン、新車MCL34を発表。復活への足がかりとなるか?

次の記事

レッドブル・ホンダRB15、シェイクダウン成功……開幕に向け重要なプロセス

レッドブル・ホンダRB15、シェイクダウン成功……開幕に向け重要なプロセス
Load comments
Be first to get
breaking news