Q2での”ミス”を悔やむハートレー。しかし決勝には自信「入賞できるはず」

シェア
コメント
Q2での”ミス”を悔やむハートレー。しかし決勝には自信「入賞できるはず」
2018/10/28 3:46

F1メキシコGP予選で14位となったトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、決勝での巻き返しを誓った。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1メキシコGPの予選を14位で終えた。ただ、フリー走行やQ1のペースを考えれば、十分にQ3進出の可能性もあった。

 これについてハートレーは、悔しがっている。

「今日は、Q3に行くだけのペースがあったと思う。しかし、最後のアタックは残念だった」

 ハートレーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「今週末を通して、マシンには本当に満足していた。Q1は良かった。僕は10番手だったんだ。Q2の終わりにも、そのポジションにいるべきだったと思う」

「Q2には、1セットしかハイパーソフトが残っていなかった。そして最後の周回では、コースコンディションが変化したことにより、最適な空力バランスを得ることができなかった」

「最後のラップのターン12でブレーキをロックさせてしまい、コースを外れてしまった。そして、Q3に進出するためのタイムを失ってしまったんだ。僕らはいつも、予選では限界でプッシュしているんだ」

 前戦アメリカGPでは、最後尾からスタートしながらも入賞を果たしたハートレー。今回も14番手からのスタートとはいえ、連続ポイント獲得を狙っている。

「レースに関して言えば、タイヤは大きな話題になるだろう。そして、アメリカGPでのような1周目を走る必要がある。20番手からスタートして、ポイントを手にすることができたんだから、14番手からスタートする明日も、それができなければいけない」

「僕らはこの週末にかなり強くなった。だから、ポイントを持ち帰りたいと思っている」

次の記事
【動画】F1メキシコGP予選PPオンボードカメラ映像

前の記事

【動画】F1メキシコGP予選PPオンボードカメラ映像

次の記事

最後尾スタートも巻き返しを誓うガスリー「マシンの感触はとても良い」

最後尾スタートも巻き返しを誓うガスリー「マシンの感触はとても良い」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース