F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
1 days
14 8月
次のセッションまで……
8 days
28 8月
次のセッションまで……
22 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
29 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
36 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
50 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
64 days
23 10月
次のセッションまで……
78 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
86 days

前代未聞。MotoGPとF1の日本GPが中止に……その背景には何があったのか?(3)

シェア
コメント
前代未聞。MotoGPとF1の日本GPが中止に……その背景には何があったのか?(3)
執筆:
2020/07/08 10:47

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年のF1とMotoGPの日本GPが開催中止となった。残る国際イベントは鈴鹿8耐のみ……。

 2020年のMotoGP日本GPとF1日本GPは、相次いで中止が決まってしまった。両レースを主催する予定だったモビリティランドの運営サーキットで、今年唯一開催される予定のまま残っている国際レースが、鈴鹿8時間耐久レースである。

Read Also:

 鈴鹿8時間耐久レースは、当初は7月に開催される予定だった。しかし現時点では、10月30日〜11月1日に延期されることは決まっている。

「鈴鹿8耐はちゃんとやりたいですよね。でも、現時点では世界情勢がどうなるのか分かりません。祈るのみです」

 そうモビリティランドの田中薫社長は語る。鈴鹿8耐は、世界耐久選手権(EWC)の最終戦に組みこまれている。実際に開催できるかどうか、その判断基準はどこに置かれているのだろうか?

「感染に関する状況がどうなるのか……人やクルマの移動がどうなるのか……ヨーロッパから渡航できないと、世界選手権として開催できないじゃないですか」

 渡航制限が緩和されなかった場合、国内イベントとして8耐を開催するという可能性はないのか?

「今のところ、そういう仮定はありません。世界選手権として、8耐をやりたいと考えています」

 この鈴鹿8耐は、無観客ではなく、観客を入れて開催することが目指されている。しかし社会情勢など、不透明な部分が非常に多い。

「三密対策をいろいろと検討しなければいけないと思っています。予定の時期ならば、うまくいけば多くのお客様をお迎えできるかもしれません。ただ、それだけの規模のお客様をお迎えするレースのガイドラインは現時点ではなく、しかもしっかり間隔を確保しなければいけません。それができる数を想定しながら、検討していくことになると思います」

 ただサーキットに隣接するゆうえんち”モートピア”では、すでに通常営業が始まっており、そこで行なわれた対策を、レースに役立てることもできるはずだ。

「たくさんのお客様に来ていただいて、それを受け入れるというノウハウは活かせると思います。ただ、まだこの状況ですと、それほど多くのお客様に遊園地にお越しいただけていない。休日は従来の半分以下、平日には9割減という日もあります。まだ県を越えて遊びに行こうとか、お子さんを連れて行こうとか、そういうためらいがまだあるようです」

「8月の夏休みなど、ピーク時には1日で1万人以上のお客様がいらっしゃることもあります。そうなったら、今では大変なことになってしまいますが、ピークの半数程度のお客様であれば受け入れられる状況です」

 今年の8耐、そして来年のふたつの日本GPに向けて尋ねると、田中社長は次のように語った。

「少しでも早く新型コロナウイルスが収束することを祈りつつ、安全・安心を確保して楽しんでいただけるよう準備を進めていきます」

「日本GPについては、今年開催できなかった分、来年に期待していただきたい。まだまだこれからですが、プログラムや演出をいかに作り上げるかということを、考えていきたいと思います」

Read Also:

「サインツとの接触は僕のミス」ベッテル、”うまくいかなかった”開幕戦を振り返る

前の記事

「サインツとの接触は僕のミス」ベッテル、”うまくいかなかった”開幕戦を振り返る

次の記事

【正式発表】アロンソ、2021年にF1復帰! ルノーと契約

【正式発表】アロンソ、2021年にF1復帰! ルノーと契約
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , MotoGP , FIM Endurance
執筆者 田中 健一