F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
17 時間
:
48
:
38
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

レッドブルの2019年カラーF1マシンが、3月に鈴鹿で走行決定

シェア
コメント
レッドブルの2019年カラーF1マシンが、3月に鈴鹿で走行決定
2018/12/28 8:02

3月に鈴鹿サーキットで行われるモースポフェス2019で、2019年のカラーリングをまとったレッドブルF1マシンが走行を披露することになった。

 2019年の3月2日と3日に鈴鹿サーキットで行われる『モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜』で、2019年用のカラーリングをまとったレッドブルF1マシンが走行を披露することとなった。

 2019年から、トロロッソに加えてレッドブルにもパワーユニットを供給することになっているホンダ。そのレッドブルのマシンが、F1開幕戦を前に鈴鹿サーキットを走ることになった。舞台は2019年から装いも新たに開催される『モースポフェス』である。

 この日走行するマシンは、年間の走行制限などの都合から、最新のマシンにはならないようだが、それでも2019年用のカラーリングをまとうことになるという。トップチームの一角を形成するレッドブルにホンダのパワーユニットが載るということもあり、一層注目が集まる2019年のホンダF1。その雄姿を、ひと足先に見ることができることになりそうだ。

 この『モースポフェス』は、ホンダ、トヨタ、鈴鹿サーキットの3社共催という、新しい形のイベント。”モータースポーツの魅力をお伝えするとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育んでいただけるイベント”を目指すとしている。

 当日はレッドブルのF1マシンのほか、トヨタのWEC参戦マシン”TS050 Hybrid”やWRC参戦マシン”ヤリスWRC”、2017年に佐藤琢磨がインディ500に勝利した際のアンドレッティ・オートスポートのインディカー、さらにFIM世界耐久選手権のチャンピオンマシンも走行を披露することになっている。カテゴリーにとらわれない、魅力溢れるイベントとなりそうだ。

 開催は3月2日(土)と3日(日)の2日間。鈴鹿サーキット公式ウェブサイトに掲載される招待券を持参すれば、無料で楽しむことができる。

次の記事
ハース、望外のランク4位争いに浮かれず。着実なチーム作りを目指す

前の記事

ハース、望外のランク4位争いに浮かれず。着実なチーム作りを目指す

次の記事

トロロッソ衝撃。ホンダとマクラーレンの意思疎通不足が最初の会議で判明

トロロッソ衝撃。ホンダとマクラーレンの意思疎通不足が最初の会議で判明
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1