F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

F1はインディカーのような”激戦レース”を目指すべき……マクラーレンCEO叫ぶ

シェア
コメント
F1はインディカーのような”激戦レース”を目指すべき……マクラーレンCEO叫ぶ
執筆:
, Grand prix editor
2020/05/07 12:39

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、F1はこれまで以上に驚きの結果と、衝撃的な勝者が誕生する、インディカーと同じくらい競争の激しいシリーズになることを目指すべきだと主張する。

 F1は2022年シーズンからテクニカルレギュレーションを大幅に変更、さらに2021年からはチームの年間予算額の上限も設定されることになる。これらの変化により、F1はチーム間の格差が縮まることを目指している。

 直近6年の間で勝利を収めたのは、メルセデス、フェラーリ、レッドブルのわずか3チームだけ。この3つ以外のチームが勝利したのは、2013年のオーストラリアGP(ロータス/キミ・ライコネン)が最後である。

 一方で同じ期間をインディカーで見てみると、実に11ものチームが勝利を収めている。今季からマクラーレンが参画し、アロー・マクラーレンSPとなるチームも、シュミット・ピーターソン時代に買っている。

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、motorsport.comの独占インタビューに応じ、F1を中団チームが表彰台や勝利を手にできるチャンスを増やしたいと考えていると語った。

「インディカーのコース上での完成度は、競争という観点で言えばF1にも欲しいと我々が思っているものだ」

 そうブラウンは語った。

「技術仕様のことについて言っているわけではない。誤解してはいけないが、F1はF1であり、インディカーはインディカーなんだ。つまり、インディカーは17戦でシリーズが開催され、毎年チャンピオンを獲得するのは大きなチームだ……しかし毎年3人か4人の驚きの勝者がいる」

「デトロイトGPで誰が優勝するのかを考えてみたとしよう。しかし4人や5人ではなく、約10人のドライバーが候補になる可能性がある。そういう意味では“深さ”は倍にもなる」

「もし10〜15人を挙げた場合、そのうちのひとりは、年に2〜3回勝つことになる。F1ではそういったサプライズは決して起こらない。サプライズ勝利が最後にあったグランプリを思い出すことはできない」

「戦力を近づけることができたとしても、チャンピオンシップはやはり大きなチームが勝ち続けるだろう」

「しかし、完全に混乱したレースで、サプライズ勝者が出る事を期待するだけではない。ピットストップに失敗するか、戦略の立て方が悪いだけでも、驚きの勝者が誕生するようにしなければいけない」

 F1は新規則下でブラウンCEOが期待するような戦いが起きることを望んでいるものの、新型コロナウイルス のパンデミックに伴い、前述の通りその施行は2022年まで延期されることになった。

 F1のモータースポーツ面のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、レースの秩序を整え、将来に向けて持続可能なモノとするために、この新規則導入がさらに遅れることはないと語る。

「中団グループの中でも良いチームは、表彰台を獲得できるはずだし、勝つことだってできるかもしれない。それは、小さいながらもメリットになるはずだ。それが達成できれば、持続可能な未来を生み出すことができる」

 ブラウンはSkyスポーツF1にそう語った。

「今のクルマはとても複雑で、資金を使えば使うほど速くすることができる。その格差を均す必要がある」

「F1の品位を維持しなければいけない。F1はスポーツであるから、最高のプレイヤーが勝つべきだ。しかし新しいレギュレーションで生まれる新しいクルマにより、将来はもっと激しい戦いのレースになると私は思う」

「レギュレーションの施行は1年延期されたが、2022年には間違いなく導入されるはずだ」

Read Also:

 
次の記事
F1仕事の流儀:広報責任者編「人間関係が最も大事。携帯はいつでも電源オン」

前の記事

F1仕事の流儀:広報責任者編「人間関係が最も大事。携帯はいつでも電源オン」

次の記事

アジア資本の新F1チーム”パンテーラ”、新規則導入の2022年参戦開始を目指す

アジア資本の新F1チーム”パンテーラ”、新規則導入の2022年参戦開始を目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Luke Smith