F1 Ferrari launch

F1新車”雑感”解説2023「フェラーリSF-23」ディテールは異なれど、キープコンセプト。”バスタブ”の先駆者跳ね馬の今季パフォーマンスやいかに?

フェラーリが発表した2023年用マシンSF-23。全体的には昨年型マシンF1-75のキープコンセプトと言えそうだが、詳細を見ていくと、違っている部分が複数あることがわかる。

Ferrari SF-23

 フェラーリが2023年用ニューマシンSF-23を発表した。発表会が開催されたのは、フェラーリの本社からほど近いフィオラノ・サーキット。シャルル・ルクレールがニューマシンに乗り込み、いきなり走行を披露するという大サービスっぷりで、フェラーリの今シーズンにかける意気込みがうかがえる。

 さて発表されたニューマシンは、一見したところ昨年用マシン”F1-75”の正常進化版という印象だが、細かい部分を見ていくと、いくつか違いが存在する。

関連ニュース:

 まずノーズは短くなっている。F1-75では、ノーズの先端がフロントウイングのメインプレーンに接続されていた。しかしこのSF-23は、3枚のフラップのみがノーズに接続。メインプレーンは、フラップから吊り下げられる形だ。

 フロントのサスペンションも整理された。F1-75は、ステアリングロッドが独立して存在。アッパーウイッシュボーンとロワウイッシュボーンの間に位置していた。しかしSF-23ではこのステアリングロッドが見当たらない……。おそらく、アッパーウイッシュボーンかロワウイッシュボーンと一体化されているものと思われる。

Ferrari SF-23. detail suspension

Ferrari SF-23. detail suspension

Photo by: Ferrari

 サイドポンツーンの”バスタブ”は今年も健在。その上面にルーバーが多数開けられているのもキープコンセプトである。ただコクピット後方のエンジンカウル側には、縦に長い排熱口が開けられている。

 サイドポンツーンのインテークは昨年型に似た形状ではあるが、若干変更されているようだ。下部のアンダーカットは、前端にこそ見られるものの、中間地点ではほぼ見られず。後端からコークボトル部分にかけて再びアンダーカットが復活するという形だ。

 なおフェラーリは、昨シーズン中盤からトレンドとなり、今季も多くのマシンが採用しているダウンウォッシュ型を採用してこなかった。この点は非常に興味深い。

Ferrari SF-23. detail cockpit

Ferrari SF-23. detail cockpit

Photo by: Ferrari

 コクピット後方の左右、ヘイローの取り付け位置の部分には、垂直のフィンが立っている。これはF1-75でも見られたモノだが、それに組み合わせるように、リボンのようなL字型のフィンが追加されている。おそらくこれは、後方に向かう気流を整流する役割があると思われる。

 またロールフープの部分には横方向に伸びた3D形状のフィン、そしてその上部にはL字型のバイキングウイングが付けられている。このバイキングウイングの後には、オンボードが存在しており、その位置関係から考えると、ふたつの空力パーツは関与し合っていそうだ。

 昨シーズン、登場時には過激に見えたバスタブも、今ではある意味トレンドのひとつとなり、見慣れてしまった感がある。そんなバスタブの先駆者たるフェラーリが、2023年シーズンに向けて送り出してきたSF-23は、一体どんなパフォーマンスを発揮するのだろうか? レッドブルに追いつき、メルセデスを退けることができるのだろうか?

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 【動画】アルファタウリ、新車『AT04』のシェイクダウン実施! 角田裕毅がステアリング握る
次の記事 【動画】フェラーリの2023年用F1マシン『SF-23』がフィオラノで初走行!

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本