来季シートは未定……でも前を向くオコン「最大の力を発揮し続けるだけ

シェア
コメント
来季シートは未定……でも前を向くオコン「最大の力を発揮し続けるだけ
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/08/24 6:14

フォースインディアのエステバン・オコンは、来季シートをなかなか決めることができない今の状況に嘆きつつも、「最高のパフォーマンスを発揮してアピールする」と前を向いている。

 フォースインディアのエステバン・オコンは、来季のシートを確定できない現在の状況を嘆きつつも、そこから脱却するために前を向いている。

 オコンは来季ルノーのドライバーの有力候補のひとりであるとみられていた。しかしルノーはレッドブルからリカルドを獲得、フランス人のオコンがフランスのチームであるルノーに加入する可能性が潰えた。

 現時点でオコンに残された選択肢は、マクラーレンに移籍すること、もしくはフォースインディアに残ることのいずれかであるとみられている。

 ベルギーGPの木曜日、オコンは2019年に自身がどうなるか分からない状況で、集中力を持続させるのは難しいと語った。

「確かに、それは簡単なことではない」

 オコンはmotorsport.comに対してそう語った。

「そんな中でも集中し続けるのは、レーシングドライバーとして必要なことだ」

「スポーツのためにここにいて、パフォーマンスを発揮するためにここにいる。そういうことを聞くためにここにいるわけじゃない」

 フォースインディアは、ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムの支援を受けて再生することとなり、新たに”レーシングポイント・フォースインディア”として生まれ変わることとなった。そのため、ローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールがチームに加わる可能性が高いと言われており、オコンが残る可能性は非常に小さくなっている。

 一方でマクラーレンに加入するチャンスは、チームがストフェル・バンドーンとの契約を延長しないと決めた場合のみ。しかしそれでも、同チーム育成のランド・ノリスと、ひとつのシートをかけて争わなければならない。

 しかしオコンは、自分が置かれている状況に落胆していないと語る。

「僕は心配していない」

 そうオコンは語った。

「メルセデスと、メルセデスにいる僕のマネジメントチームは、過去数年間にわたって正しい選択をしてきた。彼らが、再び同じようなことをしてくれることを、僕は信じている」

 スパのパドックでは、オコンが今季中にもマクラーレンに移り、ストロールがフォースインディアに加わるという噂もささやかれている。しかしこれについては何も聞かされていないと、オコンは語る。

「マクラーレンに移籍するかも分からないし、ここから動くことになるかも分からない」

「現時点では、これはただの噂にすぎない。だから、どうなるのか待ってみるつもりだ」

「重要なことは、コース上で良いパフォーマンスを発揮することだ。もしコース上で良いパフォーマンスを発揮できれば、F1チームはそのドライバーを解雇することなどできない。それが僕の目標だし、シーズン前半にもやってきたように、今後も僕にできるベストのパフォーマンスを発揮したいと思う。もしそれができれば、僕は来年のシートを手にすることができるだろう」

 ルノー入りを逃したことについてオコンは、しっかりと受け入れているようだ。

「ルノー入りする可能性は確かにあったけど、それは終わってしまった。だから僕らは前進しなきゃいけない」

「ダニエルとルノーがうまくいくことを願っている。ダニエルは良いヤツだし、僕は彼のことが好きなんだ。だから、彼らがうまくいくことを願っているんだ」

次の F1 ニュース
F1日本GP開催継続へ、交渉は最終段階に。モビリティランド山下社長明かす

前の記事

F1日本GP開催継続へ、交渉は最終段階に。モビリティランド山下社長明かす

次の記事

DAZNのベルギーGP配信スケジュール。今回も全セッション生配信

DAZNのベルギーGP配信スケジュール。今回も全セッション生配信
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー エステバン オコン
チーム フォースインディア
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース