F1レースディレクター、ペナルティの”重さ”には「事故の結果を考慮すべきではない」と原理原則を説明

F1レースディレクターのマイケル・マシは、イギリスGPのスチュワードがルイス・ハミルトンにペナルティを科したことについて、事故の結果を考慮に入れたモノではないとその基本原則を語った。

F1レースディレクター、ペナルティの”重さ”には「事故の結果を考慮すべきではない」と原理原則を説明

 F1イギリスGPの1周目に起きたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の接触。これによりフェルスタッペンはその場でリタイアとなり、ハミルトンには事故を起こした責任があるとして10秒のタイム加算ペナルティが科された。

Read Also:

 しかしハミルトンはこのペナルティを克服し、レースに勝利。このことは、レッドブルとフェルスタッペンのフラストレーションを高める一因となっていることは間違いないだろう。

 F1のレースディレクターであるマイケル・マシは、フェルスタッペンがリタイアし、ハミルトンがレースを続けることができたという事実、そしてそれがタイトル争いに大きな影響を与える可能性があったため、スチュワードがハミルトンにペナルティを出すことを決めたわけではないと説明した。

「これは何年にもわたって、原理原則の大きな一部のひとつだったと思う」

 マシはそう語った。

「そしてこれは、FIAとF1全てのチームの間で、私がこの職に就く前の段階からの議論を通じてもたらされたものだ。そしてチーム代表全員が、事故の結果を考慮すべきではないということについて固執してきた」

「つまり、スチュワードが事故を判断する時、事故全体と事故そのもののメリットを判断し、その結果として何が起きるかということを判断するのではない。これは、スチュワードが長年行なってきたことだ」

「そして、トップダウンで判断を行なうようにアドバイスもされている。そして、私はチームの関与などについて話をしている。これがスチュワードが判断する方法だ。事故自体の評価で判断するのではなく、結果を考慮し始めると、非常に多くの”変数”が生じてしまうのだ」

 レッドブルの首脳陣は、ハミルトンがペナルティの影響をほとんど受けなかったことに憤慨。同チームのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士は、ハミルトンを出場停止にすべきだと主張している。

 ペナルティが十分に厳しくなかったのではないかというチームに不満について尋ねられたマシは、次のように語った。

「そういう視点に基づいて見れば、そのような不公平に対処できるペナルティを見つけることは決してできない」

 そうマシは語った。

「特定の状況でそれを見ると、数年前のチーム、またはチーム代表たちは、インシデント自体に基づいてペナルティを決めるべきであり、その結果を考慮に入れるべきではないということを明確にした」

「私はその見方を完全に理解しており、結果を見て判断しないということは、全てのスチュワードにおいて一般的に保持されている見解だと思う」

 マシは、スチュワードの決定を、一般に対して詳細に説明する必要はないと考えているという。サッカーのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のように、スチュワードがペナルティを決めた要因となるリプレイを見せるということについても、決定のプロセスはより複雑であるとして、現実的ではないという見方を示した。

「多くのテレビアナリスト……その中には経験豊富な元ドライバーがたくさんいて、それぞれの見方を示すと思う」

 そうマシは語った。

「そしてスチュワードは、彼らが検証できるモノを全て見ている」

「30秒……最大でも1分程度で判断が行なわれるVARのプロセスとは異なる。スチュワードは、発生したインシデントについて、考えられる要素を分析するために、時間をかける必要があると常に言われている」

「だから、そういうことは考えていない。スチュワードは、独立した司法機関であり続ける必要があると思う。そして、彼らの立場にプレッシャーをかけるべきではないだろう。彼らには、時間をかけて分析する必要がある。全ては、彼らの評価に基づいているんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
スプリント予選レースもっと見たい?「F1ファンに聞いてみるべき」とアロンソ

前の記事

スプリント予選レースもっと見たい?「F1ファンに聞いてみるべき」とアロンソ

次の記事

ランド・ノリス、ピットストップのミスで表彰台を逃す「いつもは素晴らしい作業……今回はちょっとした不運だ」

ランド・ノリス、ピットストップのミスで表彰台を逃す「いつもは素晴らしい作業……今回はちょっとした不運だ」
コメントを読み込む