”チーム残留”を示唆するペレス「発表はメキシコで。ただ時間の問題だ」

シェア
コメント
”チーム残留”を示唆するペレス「発表はメキシコで。ただ時間の問題だ」
2018/10/02 0:52

レーシングポイント・フォースインディアのセルジオ・ペレスは、自身の来季契約はメキシコGPの際に発表すると語る。

 フォースインディアのセルジオ・ペレスは、自身の母国GPであるメキシコGPで、来年の計画を発表したいと考えている。

 まだ正式な発表はないものの、来季のフォースインディアのラインアップはペレスとランス・ストロール(現ウイリアムズ)になるとみられている。しかし、今のところ何も発表されていない。

 とはいえペレスは、「すでに契約済み」であると、以前から語っている。

「前に言ったのと同じだ。来季何をするかは、もう分かっている。単に発表するタイミングの問題だ」

 ペレスはロシアGPの際にそう語った。

 しかし、なぜ発表のタイミングが遅れているのだろうか? それについてペレスは、次のように語った。

「僕らは、メキシコで発表しようとしている。それほど先の話じゃない。おそらく僕らは、そこ(メキシコ)で発表するだろう」

 ペレスが言う”僕ら”とは「現在レースしているチーム」であると本人は語り、現在のチームに残留するのかと尋ねると「そうだ」と語った。

 この夏休み中にフォースインディアは管財人の管理下に置かれ、ローレンス・ストロール率いる投資家集団によって買収された後、”レーシングポイント・フォースインディア”として再スタートを切った。そのプロセスについて、ロシアの化学薬品企業であるウラルカリが異議を唱え、法的手段に出ることも検討していると言われる。

 これについて尋ねられたペレスは、次のように語った。

「僕は間違いなく、(チームのオーナー権変更は)正しいことを意味していると思う。チームが持っている、明るい未来を見ることができたのだから」

「でもそれを尋ねるのに、僕は適した人間じゃない。もっと多くの情報を話せる人に訊いた方がいいだろう。僕はそれについてはほとんど知らないんだ」

Additional reporting by Oleg Karpov

次の F1 ニュース
ホーナー、クビアトの復活に期待「今は”降格”事件を克服できている」

前の記事

ホーナー、クビアトの復活に期待「今は”降格”事件を克服できている」

次の記事

F1の予選方式、2019年から変更へ? Q4の新設を検討

F1の予選方式、2019年から変更へ? Q4の新設を検討
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ロシアGP
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム レーシングポイント・フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース