アメリカでの人気を拡大するため……F1が進める新戦略。米国2レース目開催も視野

F1は、アメリカでの2レース目を検討中であり、それを実現させるためにも、今年はアメリカ国内での関心を惹きつける策を講じる予定であるという。

アメリカでの人気を拡大するため……F1が進める新戦略。米国2レース目開催も視野

 2016年にF1を買収し、同シリーズのオーナー企業となったリバティ・メディア。同社はアメリカに拠点を置いていることもあり、同国内でのF1の人気を高めようと活動してきた。その一環として、マイアミでのグランプリ開催を推進、アメリカ国内での2レース目開催を目指してきたという経緯もある。

Read Also:

 今年からF1のCEOには、新たにステファノ・ドメニカリが就任。マイアミでのGP開催を主導したのは前任者のチェイス・キャリーであるが、アメリカでの人気拡大路線は、今後も維持されることになるという。

 ドメニカリ新CEOは、2月4日(木)にmotorsport.comを含むいくつかのメディアを相手に取材に応じ、アメリカでの2レース目開催を可能とする方法を検討していると明かした。

「マイアミでのGP開催は議論という面でより進んでいるが、アメリカの他の地域でも議論が進められている所がある」

 そうドメニカリCEOは明かした。

「それらの地域は、私が『ここと話し合いをしている』と言えるようなレベルではまだない。しかし、何かが起きることを期待することはできる」

「今後数ヵ月で、その国に関して可能な議論の観点から、決断を下す。そしてふたつのグランプリをローテーションで開催するのか、それぞれ固定するのかも判断するのだ。それが進行中の作業である」

 ドメニカリ新CEOは、2021年にはアメリカでのF1の知名度を上げることに注力すると語る。曰く、国内でのレース開催を準備するだけでなく、1年を通じて注目を集めるようにするため、もっと多くのことを行なう必要があるというのだ。

「F1がアメリカ国内で、大きな関心を集めるようになることを保証できる」

「ミスの観点から言えば、アメリカでは連日、F1のニュースで楽しませる必要があるということだ」

「1週間前だけそうなるというのは間違っている。オースティンでのレースの1週間前には、信じられないほどの情報があり、その後沈黙してしまうのだ」

「我々が検討しているのは、アメリカでの非常に強力なコミュニケーションを構築するという計画だ。適切なチャンネルで、継続的に情報をお届けしなければいけないんだ」

「投資という意味では、その立ち上げには多くの時間がかかるだろう。しかし、その見返りは莫大になるはずだ。そのためこれは、今年推進していく必要がある、戦略的なグローバル・コミュニケーション・キャンペーンの一部なのだ」

Read Also:

シェア
コメント
リカルドのシート合わせに密着! F1で快適な”座席”が重要なワケ
前の記事

リカルドのシート合わせに密着! F1で快適な”座席”が重要なワケ

次の記事

最速から最後尾へ……ウイリアムズの”ジェットコースター”のようなF1キャリア

最速から最後尾へ……ウイリアムズの”ジェットコースター”のようなF1キャリア
コメントを読み込む