F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
FP3 まで
01 時間
:
42
:
23
14 8月
次のセッションまで……
5 days
28 8月
次のセッションまで……
19 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
26 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
33 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
47 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
61 days
23 10月
次のセッションまで……
75 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
83 days

アルファタウリはクビアト入賞も、ガスリーは厳しいレースに「リヤの感触がおかしかった」

シェア
コメント
アルファタウリはクビアト入賞も、ガスリーは厳しいレースに「リヤの感触がおかしかった」
2020/07/13 2:24

F1第2戦シュタイアーマルクGPを終えて、アルファタウリ・ホンダのふたりがプレスリリースにコメントを寄せた。

 開幕戦に続き、オーストリアのレッドブルリンクで行なわれたF1第2戦シュタイアーマルクGP。アルファタウリ・ホンダは、ダニール・クビアトが10位に入り、2戦連続でポイントを手にした。

Read Also:

 雨の中行なわれた予選では、ピエール・ガスリーがQ3に進出。8番手タイムを記録し、グリッド4列目につけた。しかしながらガスリーはレースでは序盤からなかなかペースが上がらず、ソフトタイヤからハードタイヤに交換した第2スティントでも状況は好転しなかったため、2度目のピットインを行なうなど苦しい展開となり15位に終わった。

「昨日の予選がよかっただけに、今日の結果にはがっかりしている」とガスリーはホンダのプレスリリースにコメントした。

「いいグリッドだったので、好結果を期待したけど、スタートからつまずいた。ターン1でダニエル(リカルド/ルノー)に接触されてスピンしそうになったんだ。その後もかなり厳しい状況が続き、リヤの感触が少しおかしかった。2ストップ作戦なども試してみたけど、ペースが上がらなかった」

 一方のダニール・クビアトは、ミディアムタイヤでスタートして安定したペースで周回。今季初ポイントを獲得することができた。彼は次のように語った。

「金曜、土曜と苦戦を強いられただけに、今日は素晴らしいレースができた」

「先週のレースに比べてリタイアしたマシンが少なかったにもかかわらず、きちんと仕事をして1ポイント獲得を果たすことができたので、うれしい。すべて計画通りに進んだ。アタックを受けることも多かったけど、しっかりとポジションを守り、レース終盤にかけては後続との差を広げることもできた。ここからはまた来週末に迫っているハンガリーに向けて切り替えなければいけない」

 ここまで7ポイントを獲得しているアルファタウリは、現在コンストラクターズランキング7番手につけている。次週は第3戦ハンガリーGPが行なわれる。

 

Read Also:

リカルド、ストロールの強引なオーバーテイクに憤慨も……ペナルティは出されず

前の記事

リカルド、ストロールの強引なオーバーテイクに憤慨も……ペナルティは出されず

次の記事

4位アルボン、レースペース不足に「改善が必要な場所はマックスと一致している」

4位アルボン、レースペース不足に「改善が必要な場所はマックスと一致している」
コメントを読み込む