雨中の快進撃3:シューマッハーを真っ向勝負で下したヒルのベストレース:1994年日本GP

雨のレースでは、マシンの性能よりもドライバーの腕が試されると言われる。1994年の日本GPは、デイモン・ヒルがミハエル・シューマッハーに一矢報いたレースとなった。

雨中の快進撃3:シューマッハーを真っ向勝負で下したヒルのベストレース:1994年日本GP

 F1界のスター、アイルトン・セナが第3戦サンマリノGPの事故でこの世を去るなど、混乱の1年となった1994年シーズン。セナ亡き後ウイリアムズのエースとなったデイモン・ヒルだったが、ベネトンのミハエル・シューマッハーの速さに押され気味だった。第14戦ポルトガルGPを終えた時点で、シューマッハー8勝、ヒル5勝。しかしヒルの5勝はシューマッハーのトラブルや失格、出場停止によって転がり込んできたものであり、直接対決で彼を下したレースはほとんどないと言っても過言ではなかった。

 そしてシューマッハー86ポイント、ヒル81ポイントで迎えた第15戦日本GP。ヒルが最終戦で逆転タイトルを獲得する現実的なチャンスを手にするためには、シューマッハーの前でゴールすることが絶対条件と言えた。予選ではシューマッハーがポールポジション、ヒルが2番手となり、両者がフロントロウに並ぶこととなった。

 決勝日の鈴鹿は大雨。開催が疑問視されるほどのコンディションの中でもレースはスタートしたが、大方の予想通りスピンするマシンが続出。ティレルの片山右京がホームストレート上でスピンするほどの悪天候で、レースは次第に荒れ模様となっていった。

 シューマッハーはポールからレースをリード。他を寄せ付けない走りを見せていた。しかしそんな中、マーティン・ブランドル(マクラーレン)がスピンオフしてマーシャルを跳ねてしまう事故が発生。レースは赤旗中断となった。これによりレースは2ヒート制(レース中断前、そしてレース再開後の両ヒートにおける合計タイムを競う)となったが、シューマッハーは第1ヒートでヒルに対して6.9秒のリードを築いており、依然として優位な展開だった。

 そして第2ヒートがスタート。シューマッハーがすぐに1回目のピットストップを行なったため、ヒルがレースをリードすることとなった。ベネトンは2ストップ作戦を立てていたが、それを読んだウイリアムズは1ストップ作戦を敢行。レース中盤にヒルをピットに入れ、マシンに多くの燃料を積んだ。

 燃料搭載量の軽いシューマッハーは前を行くヒルとの差を縮め、36周目(残り14周)に合計タイムでヒルを逆転した。しかしシューマッハーはもう1回給油をする必要があり、残り10周で2度目のピットイン。ここから再度追い上げなければいけなくなった。

 フレッシュタイヤで猛然と追い上げるシューマッハー。一方のヒルはタイヤが摩耗しており、特にピットストップの際に外れず交換できていなかった右リヤタイヤはかなり厳しい状態にあった。お互いが見えない敵と戦う中、ヒルはシューマッハーの猛追を振り切り、合計タイムで3.3秒リードしてフィニッシュ。シーズン6勝目を挙げてタイトル争いを最終戦まで持ち込んだ。

 F1通算22勝のヒルは、この鈴鹿での激走を自身のベストレースとして挙げている。

「私の人生の中で最も激しいレースだった」とヒルは回想する。

「タイトル争いに何としても生き残る必要があったので、他のどのレースよりも全力を尽くさなければいけなかった」

「鈴鹿はドライバーにとって最も過酷なサーキットのひとつだ。鈴鹿を走ることは非常に大きなチャレンジなので、そこから得られる満足感も非常に大きいんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
美しきF1マシン:「”戦うチーム”に生まれ変わった、記念樹的1台」レッドブルRB3
前の記事

美しきF1マシン:「”戦うチーム”に生まれ変わった、記念樹的1台」レッドブルRB3

次の記事

「実際のレースより汗をかく!」アルボン、F1バーチャル中国GPでの2位に大興奮

「実際のレースより汗をかく!」アルボン、F1バーチャル中国GPでの2位に大興奮
コメントを読み込む