高速2連戦、予選で好結果。ホンダ「決勝でもできる限りのことを」

シェア
コメント
高速2連戦、予選で好結果。ホンダ「決勝でもできる限りのことを」
2018/09/02 11:41

スパ&モンツァの高速2連戦、予選で好結果を残しているトロロッソ・ホンダ。ドライバーのピエール・ガスリーも「ホンダは前進している」と語る。

 トロロッソ・ホンダは、F1イタリアGPの予選で、ピエール・ガスリーが9位に入る活躍を見せた。苦戦が予想された中では望外の結果だったと言えよう。

「スパとモンツァは、パワーが非常に重要なサーキットです。我々は1週間前のベルギーで、予選11位になったのを喜んでいました。しかしここモンツァで9位になれたことは、素晴らしいことです」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、チームのプレスリリースにそう語った。

「別のマシンのトウ(スリップストリーム)を利用したこと、そしてチームが完璧なタイミングでコースに送り出したことで、ピエールは素晴らしいパフォーマンスを発揮しました」

「パワーユニットの側では、今週末これまで、すべてのことがスムーズに進みました。予選では、そこから可能な限りのことを引き出すことができました」

「しかし、重要なのは明日(決勝)です。スクーデリア・トロロッソのホームレースで良い結果を出せるように、我々はできる限りのことを全てやります」

 ガスリーも、ホンダのパワーユニットの進歩を実感していると語っている。

「過去4年間、ホンダがモンツァでどんな結果を得てきたのか知らない。でも、パワーが重視されるスパでポイントを獲れたのは驚きだったし、今週末も再び良い驚きがあった」

 そうガスリーは言う。

「ここ数年を見れば、彼ら(ホンダ)は明らかに前進しているし、それはポジティブなことだ」

Additional reporting by Edd Straw

次の F1 ニュース
ボッタス、Q3のミス認める「タイヤがロックしたのでアタックが困難に」

前の記事

ボッタス、Q3のミス認める「タイヤがロックしたのでアタックが困難に」

次の記事

「自分を神だと思っている」マグヌッセン、アロンソを痛烈批判

「自分を神だと思っている」マグヌッセン、アロンソを痛烈批判
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース