苦戦が予想されたモンツァでQ3進出。ガスリー「今季ベストアタックだ」

シェア
コメント
苦戦が予想されたモンツァでQ3進出。ガスリー「今季ベストアタックだ」
2018/09/02 6:20

F1イタリアGPの予選で、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、Q3に進出し、9番グリッドを獲得した。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1イタリアGPの予選でQ3進出を果たし、9番グリッドを獲得した。戦前、苦戦が予想されていたトロロッソ・ホンダにとって、これは望外の結果とも言える。

「今日は信じられない。予選前の時点では、Q2に進出できるかどうかもわからなかった。でも、僕らはQ3に行くことができた」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそう語った。

「9番手からスタートするなんて素晴らしい気分だ。予選中、すべてのことがものすごく上手くいった。僕は良いギャップとスリップストリームを見つけ、今シーズンの中でも最高のアタックのひとつを決めた」

「この結果は明らかに、今回の予選で達成することができた最高の結果だと思う。トロロッソのホームレースでそれができたということは、素晴らしいことだ」

 金曜日から土曜日にかけ、マシンのフィーリングが大幅に改善できたという。

「昨日、僕はマシンのフィーリングを気に入らなかった。でも、一晩で大きく改善し、今のフィーリングははるかに良くなっている」

「今日、仕事の半分は終わった。あとは明日、残りの半分をやり遂げなきゃいけない。グリッドからターン1まではとても長い。だからスタートを上手く決めるのはとても重要だ。その後、大接戦になるだろうから、正しいタイミングで正しい場所にいる必要がある」

「もう少し前のグリッドからスタートすれば、少しリスクが低くなる。だから、クリーンにレースを進めるためにも、マシンを正しいポジションに置くつもりだ。その後で、できるだけプッシュする」

次の F1 ニュース
ライコネン、PP獲得も「安心できない」ベッテルは優勝争いを予想

前の記事

ライコネン、PP獲得も「安心できない」ベッテルは優勝争いを予想

次の記事

フェルスタッペン、”スペックC”の改善認めるも「まだ1秒の差がある」

フェルスタッペン、”スペックC”の改善認めるも「まだ1秒の差がある」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース