ハートレー”大接戦”の予選に苦しむ「F1では驚くほどの僅差」

シェア
コメント
ハートレー”大接戦”の予選に苦しむ「F1では驚くほどの僅差」
2018/09/02 7:54

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、ほんの僅かの差ながらF1イタリアGPの予選で18番手に沈んだ。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1イタリアGPの予選で18位となった。

「今日は信じられないほど僅差の予選になった」

 そうハートレーはチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「僕の最後のラップは、それほど悪くなかった。ターン1で少しミスしてしまったけど、それ以外は上手くいったんだ」

「昨日見たように、今日の午後は少し雨が降ると思っていた。僕らは、ウエットコンディションではかなり競争力があった。マシンの感触は悪くなかった。そしてチームは、ピエール(ガスリー)と僕が好むように調整得るため、素晴らしい仕事をしてくれた」

 今回の中団争いは、実に僅差だった。Q1では、4位のダニエル・リカルド(レッドブル)から18位のハートレーまで、その差は僅か0.7秒だったのだ。15位のロマン・グロージャン(ハース)に至っては、ハートレーとの差は0.047秒差だった。

「今日の中団争いは、信じられないほど僅差だった。F1にとしては驚くべきことだ。しかし、僕にとっては悪い方に転がってしまったことにイライラしている。ピエールと僕の間には、0.1秒の差があった。それによって6ポジションの差が生じたんだ」

「18位という結果は少し残念だ。なぜなら、明日しなければいけない仕事が増えてしまったから。しかしいくつかのペナルティがあるから、もう少し上のグリッドからスタートすることができる」

次の F1 ニュース
フェルスタッペン、”スペックC”の改善認めるも「まだ1秒の差がある」

前の記事

フェルスタッペン、”スペックC”の改善認めるも「まだ1秒の差がある」

次の記事

ボッタス、Q3のミス認める「タイヤがロックしたのでアタックが困難に」

ボッタス、Q3のミス認める「タイヤがロックしたのでアタックが困難に」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース