F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

「マックスから学んで前進していきたい」アルボン、スピン喫するも“たいしたことはない”

シェア
コメント
「マックスから学んで前進していきたい」アルボン、スピン喫するも“たいしたことはない”
2020/07/11 4:00

F1第2戦シュタイアーマルクGPの初日フリー走行を振り返って、レッドブルのアレクサンダー・アルボンはFP2でトップタイムを記録したチームメイトのマックス・フェルスタッペンから学んで前進したいと語った。

 F1第2戦シュタイアーマルクGPの初日走行がレッドブルリンクで行なわれた。アレクサンダー・アルボン(レッドブル)はFP1で6番手、FP2で7番手タイムを記録した。

 開幕戦と同じサーキットで行なわれている第2戦だが、アルボンは開幕戦からいくつかの変更を試していたという。ただその結果はいいところもあれば悪いところもあった彼は語った。

「先週の開幕戦と比べて、今日は少し工夫をして色々なことをためしてみた。変更点は機能したものもあれば、そうでないものもあったからちょっと複雑な1日だったね」

 アルボンはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「明日の天候がどうなるかは未知数だ。もし走行できるとしても、ここの雨は毎回モンスーンのようになるからどうなるか見ていこう」

 またFP2ではスピンを喫する場面もあったが、アルボン曰くコーナーでプッシュしすぎたことが原因のようだ。彼は好調のフェルスタッペンから学んで前進していきたいと語った。

「でも今夜も他の金曜日と同じように、データを見直して明日に向けて何が学べるかを確認しておくよ」

「セッションの後半でのスピンはコーナー出口で少しプッシュしすぎてしまって、リアを失ってしまったんだ。別に深刻な事とかではないよ。マックスは明らかに良いセッションだったし、マシンも快適そうだった。彼から少しでも学んで前進できればと思っているよ」

 

Read Also:

リカルド、高速クラッシュも膝の打撲のみ。チームもFP3までのマシン修復に自信

前の記事

リカルド、高速クラッシュも膝の打撲のみ。チームもFP3までのマシン修復に自信

次の記事

フェラーリ、アップデートで“別物マシン”に? ベッテル「かなり良くなっている」

フェラーリ、アップデートで“別物マシン”に? ベッテル「かなり良くなっている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント シュタイアーマルクGP